ここから本文です

26年連れ添った夫と熟年離婚、原因は“あおり運転”もする夫のキレやすい性格

9/16(月) 8:10配信

オトナンサー

「絶対に結婚してはいけない男」とは、どんなタイプだと思いますか。何はともあれ「キレやすい人」だと思います。現在、あおり運転が社会問題になっていますが、あおり運転をしたり、あおられたからといって逆上してあおり返したり、さらに、相手に危害を加えたりするような人は、皆「キレやすい人」。キレた時点で、正常な判断ができなくなっているのです。

「26年間、キレる夫に我慢してきました」

 先日、吉田芙美子さん(50歳、仮名)が、婚活相談にやってきました。

「先月、26年連れ添った夫との離婚が成立しました。我慢に我慢を重ねた結婚生活でした。上のお姉ちゃんは既に社会人、下の妹も今年の春に大学を卒業して就職できたので、やっと離婚の決断ができました」

 26年もの間、何をそんなに我慢してきたかというと、夫がささいなことでキレる人だったから。それに耐えてきたのは、シングルマザーになって経済的に困窮するよりも、自分が我慢することで、子どもの教育にはちゃんとお金をかけてあげたかったからだといいます。

「夫は私の言動にはキレるのですが、娘たちのことは猫かわいがりで、たとえ娘たちの言動でキレたとしても、罵詈(ばり)雑言のターゲットは私なんです。だから『私が我慢すれば』と思ってしまったんですね」

「ボケ!」「この役立たず」「この世から消えろ」「俺をこんなに怒らせやがって、どうしてくれる」。26年間、浴びせられた罵詈雑言は数知れず…。

 しかし、キレやすい性格さえ除けば「ギャンブルはやらない」「お酒はたしなむ程度」「女性関係には無縁」という、真面目を絵に描いたような人。会社も一部上場企業で給料も安定していたし、高給取りでした。

 では、どんなことでキレるのでしょうか。

「それは、もう本当にささいなことなんですよ。例えば、夫が会社に行く前に食べる翌朝のパンを私が買い忘れたとか、日曜日は18時にご飯を食べるのが習慣なのに、18時までにテーブルに食事が並んでいなかったとか。自分の中で決めているルールがあって、それを私が守らないとその瞬間にキレるんです」

 あおり運転の常習者であったともいいます。

「とにかく『自分ルール』の人なので、狭い道で幅寄せされたり、割り込み運転をされたりしたら大変でした。『チッ』と舌打ちをしたり、『ウリャー!』と大声を上げて同じことをやり返したりする。いったんキレると怒りがどんどん増幅していって、もう止まらなくなるんです」

 さらに、芙美子さんはこんなことも言いました。

「キレやすい男性と暮らしていて学んだのは『キレる人って、そういう思考回路なんだ』ということです。もう、そういう脳の作りというのでしょうか。普通の人は『ここでキレたら、後でどうなるか』『悔しいけれど、常識のない相手とけんかしてもしょうがない』とか思うでしょ? そういう先読みの思考回路がない。怒ると、瞬間湯沸かし器のように沸騰して、怒りの感情を抑え込むことができなくなるんです」

 そんなご主人と離婚して、やっと穏やかな生活を手に入れた芙美子さんですが、「やはり1人で暮らしていくのは寂しい」と思い、再婚を決意したようです。

「子どもたちが独立した今、これからは自分の身の振り方は自分で考えていかないと。私が朝のパンを買い忘れたくらいでキレる人ではなく、私の失敗も笑って許してくれるような穏やかな男性を探そうと思います」

 今や「人生100年時代」といわれるようになり、50代、60代、70代での初婚、再婚者も増えています。芙美子さんの第二の人生が始まります。

1/3ページ

最終更新:9/17(火) 10:47
オトナンサー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事