ここから本文です

柴崎岳が強行出場で奮闘! デポルティボは幸運なAT弾で追いつき連敗をストップ

9/16(月) 5:59配信

SOCCER DIGEST Web

前半5分に試合が動く

 現地時間9月15日に行なわれたラ・リーガ2部の第5節で、柴崎岳が所属するデポルティボがスポルティング・ヒホンのホームに乗り込んだ。

【PHOTO】久保建英、中島翔哉、冨安健洋らが続々と! 2019年夏に欧州で新天地を求めたサムライたち

 日本代表の一員として、5日のパラグアイ戦と10日のミャンマー戦に出場した柴崎は、4‐1‐4‐1の2シャドーの一角で先発起用された。

 開始5分、試合がいきなり動く。ヒホンのカウンターから、最後はFWジュルジェビッチが鮮やかなシュートでネットを揺らす。

 3連敗中のデポルティボもその直後に決定機を創出。モディホが右サイドから上げたクロスに、ゴール前でノーマークになっていたサントスがヘッドで合わせるも、枠に収めることができない。続く柴崎のボール奪取から生まれたチャンスも、シュートの精度を欠いてフイにしてしまう。
 
 後半に入って54分、アケチェが左足のFKでゴールを脅かすも、GKのセーブに阻まれる。その後も決定機を作り出せず、2試合連続の完封負けかと思われた後半アディショナルタイム、相手のハンドでPKを獲得。これをアケチェが落ち着いて決めて、土壇場で同点に追いつく。

 棚ぼたで勝点1をゲットしたデポルティボは、連敗を3でストップ。強行出場した柴崎は71分にコケと交代するまでピッチに立ち、何度も前線に飛び出すなど代表戦の疲れを感じさせないプレーを見せた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

最終更新:9/16(月) 5:59
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事