ここから本文です

V6が“こっそり”と高校に潜入! “すごい学生”を探す

9/16(月) 6:00配信

ザテレビジョン

V6が全国の学生を応援する特別番組「V6の愛なんだ2019」(夜8:00-10:57、TBS系)が、9月23日(月)に放送される。

【写真を見る】恒例企画「未成年の主張」はパワーアップした内容で送る

3年連続での放送となる今回は、「あなたの周りにうわさの学生はいませんか?」と、全国の学校・街頭で約2万人の学生にインタビュー。学生たちの間でうわさになっている“すごい学生”を、V6が直撃取材していく。さらに、V6が6人そろって学校を訪れ「学生調査」を実施。これまで原則バラエティーロケNGだった、生徒数約3600人、101のクラスがあり、日本一の生徒数を誇る栃木・作新学院高等学校に潜入。

ところが、学校側から「パニックになってはいけないので、生徒たちには絶対ばれないようロケをしてほしい」と頼まれてしまう。生徒たちの知らないところで、V6がこっそり“すごい学生”を調査。果たして、どんな魅力的な学生と出会えるのか?

また、恒例の「未成年の主張」も放送。さらに、お笑い大好きな中学生に霜降り明星が直接指導を敢行したり、動植物の生態を学ぶ高校生と豊かな大自然を満喫したり、廃部寸前のユニークな部活を救うべくサポートしたりと、さまざまな企画を送る。

■ 坂本昌行コメント

毎年思いますが、学生さんたちの「好奇心」とか「何かを好きになる気持ち」というものは、僕らが改めてもう一度見つめ直さないといけないパワーの一つなのかなというのを今回改めて感じました。探究心や好奇心は、僕らが学生の時よりもさらに強い思いを感じました。

何年後かは分からないですが、彼らがまた次の学生さんたちに夢を与えていってほしいなと思います。

■ 長野博コメント

この番組を通してたくさんの学生と会うことができて、改めて良いなと思うのが、たとえロケ自体が短い間でも、ロケが終わった最後にはキラキラしたものが増していて、すごく伸びしろを持っているんだなと感じました。夢に向かっていくお手伝いを少しでもできるというのが、僕らにとっても良い経験だと思いますし、パワーをもらうことができます。改めて「学生って本当に良いな!」と思える番組です。

■ 井ノ原快彦コメント

本当にあっという間の収録でした。主役は学生さんたち自身で、僕らも年齢もあるんでしょうけど、常に泣きそうになっているくらい、彼らの「輝きとエネルギー」を感じた3時間でした。メンバーがそれぞれロケに行き、いろいろな学生さんと絡んだのですが、改めてメンバーのすごさも感じられた3時間でしたので、僕自身としても大変良い経験でした。

■ 森田剛コメント

僕はやっぱり小峠(英二)さんがすごいなっていうのを改めて思います(笑)。格が違いますよね。本当に面白いなと思いました。ロケが終わって、ふとした時に笑う顔とかかわいいなって(笑)。もし、来年も番組があったら、小峠さんと7人でロケに出たいです!

■ 三宅健コメント

毎年思いますが、純粋でキラキラした学生に触れ合うと、無限大の可能性を感じます。また、岡田が教えたアトラクション部の生徒たちもそうですし、お笑いを目指す子が霜降り明星さんにツッコミを教えていただくこともそうですが、こういう事ができるのもこの番組ならではですし、改めて夢のある番組だと思いました。この番組での経験が、学生たちの一生の思い出になって、その先の人生がより豊かになるサポートになればいいな、VTRを見ながら感じる事ができました。

■ 岡田准一コメント

この番組は“夏の風物詩”というか、夏にV6が集まって学生さんたちと絡ませてもらうのは、若い頃を思い出させてもらえますし、“学生の未完成さ”イコール魅力だと思います。“魅力の塊”のような学生たちと触れ合えるのが刺激的で楽しかったです。今回、僕はアクションを教えるというロケで、彼らの純粋にぶつかってくる姿勢を体感して、より良い方向にサポートできる形をとりたいと思いましたし、今までと違う関わり方ができました。今回はいろいろなジャンルのスペシャリストな学生たちと出会えて、時代を映し出しているように感じて面白かったです。

(ザテレビジョン)

最終更新:9/16(月) 8:00
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事