ここから本文です

稲垣来泉、クランクアップで大号泣!三浦春馬が頭なでなで<TWO WEEKS>

9/16(月) 7:00配信

ザテレビジョン

9月17日(火)に最終回を迎える、三浦春馬主演のドラマ「TWO WEEKS」(毎週火曜夜9:00-9:54、フジテレビ系)。このドラマで、結城(三浦)の元恋人・青柳すみれを演じる比嘉愛未と、結城とすみれの間に生まれた娘・青柳はなを演じる稲垣来泉がクランクアップを迎えた。

【写真を見る】号泣する稲垣来泉を三浦春馬がなでなで

本ドラマは、殺人の濡れ衣を着せられた主人公・結城大地(三浦)が、白血病の娘・はな(稲垣)の命を救うために挑む、2週間の逃亡劇を描くタイムリミットサスペンス。

■ 稲垣&比嘉、涙の挨拶

二人の最後の撮影となったのは、はなが入院する病室でのシーン。監督からラストカットのOKが出ると、現場は大きな拍手に包まれた。

まず先にコメントを求められた稲垣は、「本当は皆さんと会えなくなるのが寂しいし、明日からはなちゃんの演技ができないということがすごく寂しいです…。私をはなに選んでくれてありがとうございました」とあいさつすると、目から大粒の涙がこぼれ落ちた。

緊張の糸が切れたように大号泣する稲垣のもとに、現場に立ち会った三浦も駆け寄り、「くーちゃん(稲垣)も一生懸命頑張ってくれたよね。すごい良かったから、みんな良い演技ができたんだよ」と優しく語りかけ、比嘉と共に稲垣の頭をなでた。

比嘉も目に涙を浮かべながら、「毎日現場に行くのが楽しみで、終わるのが寂しくて…。私も最後のシーンを撮りに来る前に泣いちゃったんです。いろんな感情をこの現場で味わうことができたのは、皆さんのおかげです。こういう現場、人に出会いたいからまた続けたいと思わせてくれた作品でした。この出会いに感謝して、また続けていきたいと思います」とあいさつした。

■ 青柳すみれ役・比嘉愛未コメント

――クランクアップを迎え、あらためて心境を聞かせてください。

こんなに楽しくて充実した現場になるとは思わなかったです。何年役者をやってもわからないことがあるなと思える、ご褒美のような作品と現場でした。こういう幸せで、いとおしい出会いがあるから(役者を)やめられないなと思えるくらい、宝物をいっぱいもらいました。

――来泉ちゃんとの撮影を振り返っていかがですか?

今回の役は、心情的にとても苦しくなっていく話で精神的にも辛かったですけど、現場では来泉がそばにいて遊んで笑って、スタッフもキャストもみんな仲が良くて、心が潤っていたんです。

一番は、はな役が来泉だからこそ、私もすみれでいられたなと思います。本当にいとおしくて、お芝居じゃなく自然に涙を流したり、強くなれたり。お母さんってこういう気持ちになるのかなという体験が出来たので、これは大切な感情として取っておきたいなと思いました。

――春馬さんとの共演はいかがでしたか?

今回初めて共演させていただきましたが、本当にあれだけ現場にドシっとブレずにいてくれる座長さんはこの時代すごく珍しいと思います。春馬くんが先頭をずっと走り切ってくれたから、私たちも頑張れました。人の心も読めて、素晴らしい役者さんと共演できたと思います。

――最終話の見どころを教えてください。

最終的にみんながどの道を選ぶのか? そして、すみれが結城と有馬(三浦貴大)のどちらを選ぶのか? ドキドキする展開になっていますし、絶対に満足させられるお話になっています。ぜひ、見逃さないで欲しいです。

■ 最終話あらすじ

すみれの救出に奔走する結城を横目に、柴崎(高嶋政伸)は、はなを病院から連れ出し監禁。結城が苦しむ姿を楽しむかのように、元恋人と娘、どちらを助けるか選べと迫る。しかし当然、結城には大切な二人の命を天秤にかけることなどできない。

答えを出せない結城は苦悶の表情を浮かべ、その場に立ち尽くしてしまう。するとそこへ、有馬から連絡が。「おまえははなのところへ行け」その言葉に背中を押された結城は、すみれを有馬に託し、はなの元へ急ぐ。

警察もまた、楓(芳根京子)の証言をもとに柴崎の逮捕に動き出し、早穂子(黒木瞳)のもとにも大勢のマスコミが押し寄せる。

はなに襲いかかる柴崎の脅威を前に、8年の時を経て娘の存在を知り、一度は捨てたはずの人生に再び希望を取り戻した結城の願いは届くのか!? 2週間にわたる逃亡の末、結城を待っているのは幸せな未来か、それとも…!?

(ザテレビジョン)

最終更新:9/16(月) 7:00
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事