ここから本文です

“3A俳優”萩原利久、最新作でも「役を通して高校生活を満喫しました(笑)」

9/16(月) 13:00配信

ザテレビジョン

映画「愛がなんだ」(2019年)で注目を浴びた新鋭・今泉力哉監督が、人気作家・伊坂幸太郎の同名小説を映画化した「アイネクライネナハトムジーク」が、9月20日(金)より全国公開。三浦春馬演じる劇的な出会いを待つだけの男・佐藤と、多部未華子扮するフリーター・紗季の恋愛を軸に、10年の時を越えてつながる恋と出会いの物語が展開される。

Caption

萩原利久が演じる久留米は、佐藤と紗季が出会ってから10年後に登場。佐藤の親友・一真(矢本悠馬)の娘である同級生の美緒(恒松祐里)に思いを寄せている高校生だ。インタビューでは、19歳になった年に“高校生”を演じた撮影秘話や自身の学生時代の話、仙台ロケにまつわるエピソードなどを語ってもらった。

■ 1年あれば人って変わる

――脚本を読んだ感想は?

先に脚本を読んで、後から原作という順番だったんですけど、登場人物一人一人の物語がしっかりと描かれているなと思いました。そこが、原作も脚本も共通している面白さ。試写で初めて完成した作品を見た時に、大人の方たちの話と僕が演じた久留米と美緒ちゃんのストーリーがシンクロしている部分がたくさん散りばめられていて、そこに原作の要素を強く感じました。

いろんな話が最後に一つになっていくところが、映画なんですけどどこか小説を読み解いていくような感覚に近いんです。映像ならではの、キャラクターたちのしぐさや表情も楽しんでいただけるのかなと思いました。

――高校生の久留米を演じる上で心掛けた点は?

リハーサルの時に監督の今泉(力哉)さんから「高校生って、もっと若くていいんじゃない」って言われた言葉が印象に残っているんです。撮影当時の僕は19歳。自分が高校生だったころは、そのまま自然体でいても役として高校生という感じが出ていたと思うんです。

でも、高校を卒業した自分がそのままフラットな状態でいると、もう高校生には見えないんだなと。1年あれば人って変わるんだなと実感しました。19歳の自分が高校生を演じる時は、ちゃんと高校生らしさのようなものを意識しないとダメなんだと思って、テンションも高めにしたり、一人でいる時に感情を素直に出すところなど、自分なりに考えながら演じました。

久留米と美緒の会話で「ソフトクリーム食べに行く?」っていうセリフがあるんですけど、本人たちにとっては至って普通というか、真剣に誘っていたりするんです。でも、それは高校を卒業した僕にはもうない感覚なのかもしれない。だからこそ、撮影現場では“高校生”というワードを強く意識していました。

■ 美緒のことが好きでたまらない

――久留米の美緒に対するリアクションや言動には、高校生らしい初々しさが出ていましたね?

久留米は美緒のことが好きでたまらないんですよ。気になって仕方がない存在。学校には同級生たちがたくさんいますけど、誰がいようと何をしていようと久留米が意識する対象は美緒なんです。美緒とのシーンでは、他の人と接する時とは違う雰囲気を出したいなと思っていました。でも、美緒と二人きりになると、久留米が久留米でいられなくなるというか、いい人を演じようとするところが面白くて。家族といる時との温度差の違いも含めた久留米の姿に注目してほしいです。

――親に対する時の久留米は高校生っぽい反抗的な態度を取っていました。

高校時代って、親との関係がめまぐるしく変わる瞬間なのかなと思います。一番反抗している時期なのかもしれません。「俺は違うんだ。あんな大人にはなりたくない」って言いたくなる気持ちが分かるというか、学校にいる時の姿は絶対家では見せないし、家にいる時の自分を学校で見せることもしない。そういう高校生っぽいところを一つ一つ丁寧に表現したいなと思っていました。

――久留米と同じような反抗期はありましたか?

いわゆる“反抗期”のようなものはなかったですけど、口には出さないながらも親に対して不満を感じていたことはあったと思います。今振り返ると、高校時代は尖っていたかも(笑)。でも、その時は自分で尖っているなんて思わないじゃないですか。そういう意味では久留米に共感できる部分が多かったので、役を通して高校生活を満喫しました(笑)。美緒と自転車通学するシーンも楽しかったです!

■ 他力本願的なあの感情は共感できます

――物語の舞台となった仙台での撮影はいかかでしたか?

地元の方々は、とても協力的で温かい人たちばかり。のびのびと撮影できました。ご飯もすごく美味しかったです。牛タンは何回食べたか分からないぐらい堪能しましたし、ずんだ餅にもしっかりとハマりました(笑)。撮影の合間には観光もできたし、楽しい思い出ばかりです。

――最後に、劇中で久留米が自分の恋の行方を、ボクサー・ウィンストン小野(成田瑛基)の試合結果で占うという“他力本願”なシーンがありましたけど、ご自身もそういう経験はありますか?

僕も程度が小さいことでやったりすることもあります。例えばバスケの試合結果で何かを決めたりとか。さすがに、告白するかどうかということをその天秤に乗せたことはないですけど(笑)、他力本願的なあの感情は共感できます。結局、自信がないのかもしれません。なかなか決めることができなくて不安だから誰かの力を借りたりすることもあるのかなと思います。(ザテレビジョン・取材・文=月山武桜)

最終更新:9/17(火) 1:51
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事