ここから本文です

香川が「狂喜乱舞をもたらす」 サラゴサを牽引する殊勲の活躍をスペインメディア称賛

9/16(月) 13:30配信

Football ZONE web

香川の勝ち越しゴールでエストレマドゥーラ戦に勝利 サラゴサは無敗維持でリーグ2位

 スペイン2部レアル・サラゴサは現地時間15日、リーグ第5節エストレマドゥーラ戦で3-1と勝利した。日本代表MF香川真司は勝ち越し弾を決め、スペインメディアは「狂喜乱舞をもたらす」と賛辞を送っている。

【写真】サラゴサ香川真司、スペイン移籍後初ゴール直後の“歓喜ポーズ”

 今夏ドルトムントからサラゴサに完全移籍した香川は、エストレマドゥーラ戦で開幕から5試合連続でスタメン出場。チームは前半12分にFWラファエル・ドゥワメナが幸先良く先制弾を奪うも、後半9分に同点弾を奪われてしまう。

 しかし、ここまで3勝1分でリーグ2位と好調を維持するサラゴサの原動力となっている香川が魅せる。1-1で迎えた同35分、左サイドを突破したFWルイス・スアレスのクロスに合わせ、マークを振り切った香川がゴール前に走り込み、勝ち越し弾をマーク。同41分にはルイス・スアレスがダメ押しの3点目を奪い、チームは開幕5試合で4勝目を挙げた。

 スペインメディア「エル・デスマルケ」は「香川がエストレマドゥーラ戦で狂喜乱舞をもたらす」と見出しを打ち、「レアル・サラゴサは止められない」とチームが絶好調であることを指摘。「流れが悪化した際に、香川がスコアボードを2-1へと変換させた」と決定的な存在となったことを強調している。

 5日の国際親善試合パラグアイ戦(2-0)、カタール・ワールドカップのアジア2次予選初戦ミャンマー戦(2-0)では日本代表メンバーに選ばれなかったが、コンディションは試合を重ねるごとに上がっていると見ていいだろう。

Football ZONE web編集部

最終更新:9/16(月) 16:58
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事