ここから本文です

チェルシー21歳新星、得点ランク首位の大爆発に意気込み 「僕のシーズンにしたい」

9/16(月) 14:30配信

Football ZONE web

アカデミー出身のアブラハムが3戦連続複数ゴールの大活躍「僕はハングリー」

 チェルシーのイングランド代表FWタミー・アブラハムはプレミアリーグ開幕5試合で7得点とゴールを量産し、一躍その名をサッカーファンに知らしめている。ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド級の強烈なインパクトを残す21歳は「僕のシーズンにしたい」と意気込みを明かしている。

【動画】チェルシーFWアブラハム、ウォルバーハンプトン戦で自身プレミア初ハットトリック

 今季から新たに就任したフランク・ランパード監督の下でFWのレギュラーポジションを与えられたアブラハム。開幕2試合は沈黙が続いたが、第3節のノリッジ・シティ戦(3-2)で2得点を決めて勝利に貢献すると、第4節シェフィールド・ユナイテッド戦(2-2)でも2得点、前節ウォルバーハンプトン戦(5-2)ではハットトリックと3試合連続で複数得点をマークするなど大爆発だ。

 データ分析会社「オプタ」によれば、21歳以下の選手が3試合連続でマルチ得点を決めたのは2006年、当時マンチェスター・ユナイテッドでプレーしていたポルトガル代表FWロナウド(現ユベントス)と、2017年1月のイングランド代表MFデレ・アリ(トットナム)以来3人目の記録だという。また、21歳347日で決めたプレミアリーグでのハットトリックもクラブ史上最年少となった。

 ウォルバーハンプトン戦ではオウンゴールも献上して、1試合でハットトリックとオウンゴールを決めた史上初のプレミアリーガ―というオマケもついた21歳は、クラブ公式サイトを通じ、今後の意気込みを語っている。

「ハードワークができているし、今季は僕のシーズンにしたい。すべては僕次第だ。すべてのゲームや練習で監督(フランク・ランパード)にアピールできるかどうかは自分次第だ。僕はハングリーだし、成功したいと思っている」

 ゴール量産中のアブラハムは、マンチェスター・シティのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロと並び、得点ランキングトップに立っている。チェルシーアカデミー出身で、数シーズンはローン移籍を繰り返してきた若武者は今季ようやくトップチームでポジションを手にした。生え抜きの星として今後のさらなる活躍に期待が懸かる。

Football ZONE web編集部

最終更新:9/16(月) 14:30
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事