ここから本文です

「良いところ取りではないけど…」 浦和MF関根、ACL制覇の過程に自らを“キーマン指名”

9/16(月) 15:40配信

Football ZONE web

打ち合いになることを予想しつつ、「良さは消していかなければいけない」と警戒

 浦和レッズのMF関根貴大は、自身初となるAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の優勝に向けて、「良いところ取りではないけど、僕の活躍は必要だと思っている」と強い思いを口にした。

【動画】興梠がACL日本人最多24点目…準々決勝第2戦「上海上港×浦和」(2-2)ハイライト

 関根は2014年に浦和ユースからトップ昇格して出場機会を伸ばし、ACLにも何度も出場してきた。しかし、優勝した17年大会で16強の済州ユナイテッド(韓国)戦を突破したところでドイツへ移籍。その年の優勝は経験していない。

 そして今季は、チームが16強まで突破した夏にチームへ復帰してきた。その立場の違いに「良いところ取りではないけど、僕の活躍は必要だと思っている。そういう選手が出てこないと、優勝できないと思っているので」と、チャンスを生かしたい思いを明かした。

 浦和はACL準々決勝第2戦の上海上港(中国)とのホームゲームを17日に控える。敵地で2-2と引き分けて初戦を終えただけに優位な状況は手にしているが、関根は「改めてACLの難しさを感じた」と話す。

「お互いの良さが出やすい試合になる。そういうほうが良いサッカーをできてはいるけど、良さは消していかなければいけない」

 今季の浦和で関根は、登録が完了した7月20日のリーグ戦ジュビロ磐田戦から公式戦の全試合に出場。サイド攻撃に欠かせない存在となり、ドイツで培ったボール際の厳しい寄せを披露する場面も多くなってきた。このACLの舞台でも、個の能力で突破する局面が必要な時に頼れる存在だ。

 勝利はもちろん、0-0や1-1の引き分けでも準決勝への切符は手にできる。しかし、関根は「勝てば突破できる。そこに向けてやるだけ」と力を込めた。夏に復帰してきた男は、浦和にとって2年ぶり3回目のアジア制覇を自身の力で引き寄せるために、サイドで躍動する姿を見せてくれるはずだ。

轡田哲朗 / Tetsuro Kutsuwada

最終更新:9/16(月) 15:40
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事