ここから本文です

中村敬斗、1G1Aも前半終了間際に1発レッド。トゥエンテは1点差に詰め寄られるも…無敗を維持!

9/16(月) 1:44配信

フットボールチャンネル

【シッタート 2-3 トゥエンテ オランダ・エールディビジ第6節】

 オランダ・エールディビジ第6節、フォルトゥナ・シッタート対トゥエンテが現地時間15日に行われた。試合はアウェイのトゥエンテが3-1で勝利を収めた。

 FW中村敬斗は左ウィングで6試合連続の先発となり、今季3ゴール目となる1ゴールと1アシストを記録したが、前半終了間際に一発レッドで退場処分となってしまった。

 前半いきなり中村が魅せる。18分、カンタラピエドラの浮き球のパスに反応した中村が裏を抜け出し、GKと1対1に。中村はボールをゴールに流し込み、トゥエンテが先制となった。

 さらに24分、中村のパスを左サイドで受けたエスピノサが右へのカットインから右足を振り抜くと、これがゴール右に綺麗に決まった。中村のアシストからゴールが生まれた。

 だが45分、中村はルーズボールに対し、深めのスライディングタックル。相手に対して、ボールに行っているように思われたが、相手は高く飛び上がり、そのまま倒れ込んだ。VARで確認後、主審はファールの判定を下し、中村にレッドカードが提示された。

 後半になると、数的優位となったシッタートが攻め込み、得点を狙いに行く。だが、数的不利のトゥエンテが3点目を決める。自陣で相手ボールを奪い、カウンターを発動。そのままボールを上手く繋ぎ、ゴール前まで運ぶと、カンタラピエドラが右足でシュート。このこぼれ球にアブルジャニアが反応し、押し込んだ。

 だが78分、ヴクキッチのオウンゴールでトゥエンテはシッタートに詰め寄られる。追いつきたいシッタートだったが、83分にピントが決定機阻止で一発レッドを提示され、これで10対10となった。

 終了間際にシッタートに1点差に詰め寄られるも、3-2でトゥエンテが勝利を収め、開幕から6試合で無敗を維持している。

【得点者】
18分 0-1 中村敬斗(トゥエンテ)
24分 0-2 エスピノサ(トゥエンテ)
66分 0-3 アブルジャニア(トゥエンテ)
78分 1-3 ヴクキッチ【OG】(シッタート)
90+5分 2-3 シス(シッタート)

フットボールチャンネル編集部

最終更新:9/16(月) 1:44
フットボールチャンネル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事