ここから本文です

衝撃デビューの三好康児にベルギーメディアも注目。「無名の控え選手から…」

9/16(月) 15:58配信

フットボールチャンネル

 ベルギー1部のロイヤル・アントワープに加入した日本代表MF三好康児は、交代での初出場からわずか5分後に値千金の決勝ゴールを挙げるという衝撃的なデビューを飾った。ベルギーメディアからもその三好に注目が集まっている。

 川崎フロンターレからのレンタルでアントワープに加入した三好は、現地時間15日に行われたアウェイでのアンデルレヒト戦で初のベンチ入り。82分に交代で投入されて欧州初出場を果たすと、そのわずか5分後に2-1の決勝点となるシュートを突き刺した。

 デビュー戦でベルギー最大の名門クラブを破る決勝点を挙げた日本人選手に、現地メディアも驚きを示している。「ベルギーのピッチに正式に足を踏み入れてから5分で早くもネットを揺らす。夢のようなデビューを飾った」と『voetbalkrant』は伝えた。

 言葉の問題もあり、まだコミュニケーションは困難な三好だが、居合わせた日本の記者を介して同メディアの質問に応えたとのこと。「すごく嬉しいです。アントワープが強いチームなのは分かっていましたし、今日はそれが証明されました。僕はゴールを決めて、クオリティーを見せるためにここに来ています。もっと力を見せていきたいと思います」とコメントが伝えられている。

 ベルギー『HLN』は、コパ・アメリカ2019(南米選手権)での2得点なども含め、「クレイジーな夏」と三好の過ごした激動の数ヶ月間を紹介。地元紙『ガゼット・ファン・アントウェルペン』では、「無名の控え選手から決勝点の歓喜へ。わずか5分であり得ない変貌」と述べつつ、「このゴールはスタートでしかありません。全てのチャンスをゴールに繋げたいと思います」と三好の言葉も伝えている。

 クラブのファンからも、早くも高い評価を得ているようだ。アントワープ公式サイトで行われているマン・オブ・ザ・マッチ投票では、三好は約50%の票を集めて首位に立っている。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:9/16(月) 15:58
フットボールチャンネル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事