ここから本文です

「ブンブン丸」池山隆寛がノーステップで 打った! 野村ID野球の神髄

9/16(月) 6:37配信

webスポルティーバ

【狙って打った逆方向への犠牲フライ】

――「逆方向のライトに打とう」と、打球方向まで事前に決めていたんですか?

池山 野村さんの教えの中に、「狙い球10カ条」という打撃論があって、その中に「逆方向のフライは意外と伸びる」というものがあるんです。それで、最初からライトに犠牲フライを打とうと決めていたんだと思います。

――この場面について、ライオンズ・森祇晶監督は「池山のこのバッティングを見て、野村野球が完全に選手に浸透したんだと感じた」と語っていました。

池山 相手の監督に褒められるというのは、イヤな気はしないですね(笑)。前年の悔しさもあったから、自然と「犠牲フライを打とう」と考えられたんだと思いますね。やっぱり、1992年の敗北がヤクルトを強くしたんだと思いますよ。 ――1993年のシリーズで、ほかに印象に残っている場面はありますか?

池山 ハッキリとは覚えていないけど、この年の日本シリーズでは、辻(発彦)さんのセンターに抜けそうな打球を(ショートの守備で)ことごとくアウトにしたことは覚えています。この年の辻さんはたぶん、センター前ヒットはなかったんじゃないかな?

――記録を見ると、1993年の辻さんのセンター前ヒットは1本、ショートゴロは2つありますね。

池山 たぶん、辻さんは「抜けた!」と思っていたと思うんだけど、この年は打球傾向のデータに基づいて、三歩ぐらいセンター寄りに守っていたんです。三遊間が広くなる代わりに、二遊間を狭めました。その結果、ヒット性の当たりを何本か捕ってアウトにした記憶があります。あんまり言われないけど、こう見えても守備はうまかったんだから(笑)。

――1993年は4勝3敗でライオンズを撃破。ついに悲願の日本一に輝きました。これは高津臣吾さんから聞いたのですが、西武球場から都内の祝勝会場に向かうバスの中で、池山さんと広沢さんが大はしゃぎしていたそうですね(笑)。

池山 あぁ、ふたりで騒ぎましたね。高速を降りて、青梅街道だったかな。バスの窓を開けて「みなさん、ありがとうございます! ヤクルトはついに日本一になりました!」って、勝手にお礼を言ったり、沿道に手を振ったりしながら都内に戻りました(笑)。

2/3ページ

最終更新:9/18(水) 22:09
webスポルティーバ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事