ここから本文です

Wi-Fiスマートプラグで、手軽にスマート家電生活を始める方法【今日のライフハックツール】

2019/9/17(火) 6:01配信

ライフハッカー[日本版]

スマートスピーカー、生活の中で活用できていますか?音楽やニュースを聴くなど、スピーカーデバイスとして使うのは買ったその日からできるけど、音声指示で電化製品を動かす体験もやってみたいですよね。

【全画像をみる】Wi-Fiスマートプラグで、手軽にスマート家電生活を始める方法【今日のライフハックツール】

音声指示は試してみたいけど、スマート家電に買い換えるまではちょっと悩んでしまう…という方は「スマートプラグ」を試しに使ってみませんか?

スマートプラグとは、家電とコンセントの間に挟むWi-Fi内臓のコンセントプラグ。スマートスピーカーと紐付けするだけで簡単にスイッチのオンオフなどをスマート化してくれる商品です。

発売当初は高価なものでしたが、最近では値段も下がって、安いものなら2,000円程度で購入できるプラグもあります。

それらの商品の中で、もしあなたがAmazon Echoを使っているなら、断然「TP-Link」のWiFiスマートプラグをオススメします。

TP-LinkのWiFiスマートプラグは設定が簡単

基本的にスマートプラグを使用するには、Amazon Echo等スマートスピーカーに各スマートプラグメーカー指定のアプリをインストールしなくてはなりません。

私は、スマートプラグが発売された当初から何種類かの商品を購入し、Amazon Echoに紐付けを行ってきましたが、中にはスムーズな連携ができず苦戦するプラグもありました。

でも、このTP-LinkのスマートプラグはAmazon Alexa認定取得製品ということもあって、スマートプラグ初心者でもとても簡単にセッティングすることができます。

Echoとスマートプラグの設定は10分ほどでできる

まず、Alexaアプリが入っているスマホかタブレットにTP-Link専用のアプリ「Kasa for mobile」をインストールし、スマートプラグを自宅のコンセントに差し込みます。

プラグ横にある電源ボタンを長押しすると青とオレンジに点滅するので、その状態でアプリ内でプラグの検索し検出されるのを待ちます。

あとはアプリの指示に従って接続が完了したら、こんどはAlexaアプリを立ち上げ、先ほどと同じようにAlexaスキルの検索でKasaスキルを探しインストールします。

これでEchoとスマートプラグの設定は完了です。所要時間は10分と掛からないでしょう。

1/2ページ

最終更新:2019/9/17(火) 6:01
ライフハッカー[日本版]

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事