ここから本文です

ペプシ・オリオンズ誕生?/週ベ回顧

9/17(火) 10:14配信

週刊ベースボールONLINE

 昨年、創刊60周年を迎えた『週刊ベースボール』。現在、(平日だけ)1日に1冊ずつバックナンバーを紹介する連載を進行中。いつまで続くかは担当者の健康と気力、さらには読者の皆さんの反応次第。できれば末永くお付き合いいただきたい。

完全にほされた桑田武

 今回は『1968年11月4日増大号』。定価は70円。

 巨人が阪急を下し、史上初の4年連続日本一を達成。MVPは6試合連続安打、6試合連続得点などをマークした新人の高田繁だった。

 これによりストーブリーグも本格化。

 解説者をしていた水原茂、南海監督・鶴岡一人と水面下で次期監督就任交渉を続けてきた中日だが、水原にほぼ決まった。二股を知った鶴岡が「水原さんとどちらかというなら俺は降りる」と断ったからだった。
 ただ、鶴岡の南海退団もほぼ既定事実。当初は東京入りと言われていたが、正直、永田雅一オーナーがそれどころではない状況になっていた。
 ペプシコーラとの業務提携だ。球団経営が危機的状況にある永田は、ユニフォームの背中にペプシの広告を入れ、まとまったカネをもらおうと思っていたが、ペプシ側は「どうせ出資するなら、ペプシ・オリオンズに」と言っていたらしい。
 一方、大下弘の後、飯島滋弥が代理監督をしていた東映は、松木謙治郎がつくことになった。

 大洋の四番打者だった桑田武が68年は別当薫監督の下、完全にほされていた。相性なのか何なのか。3割以上打っていても「気力がない。やる気がないのだろう」と二軍落ちさせたことがある。
 以前も書いたが、もう少し後で“主役”となる選手たちの身辺が何だかバタバタし出しているのは確か。
 中日・小川健太郎にも移籍話があった。成績もそうだが、私生活のバクチ好きが問題になっていたらしい。

 では、またあした。
 
<次回に続く>

写真=BBM

週刊ベースボール

最終更新:9/17(火) 10:14
週刊ベースボールONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい