ここから本文です

年金は75歳まで働くと2倍に増える。 (野口俊晴 ファイナンシャル・プランナー)

9/17(火) 6:34配信

シェアーズカフェ・オンライン

厚生労働省が5年に一度の年金制度を検証する「財政検証」を発表した。将来の公的年金について、経済状況と照らし合わせて将来も制度を持続できるかどうかを検証するものだ。

このほかにオプションの試算として次の4つが挙げられた。今回の財政検証では、以下のような制度変更も選択肢として検討された。

(1)基礎年金の加入期間の延長(40年から45年へ)
(2)在職老齢年金の見直し(緩和・廃止)
(3)厚生年金の加入年齢の上限引上げ(70歳から75歳へ)
(4)就労延長と受給開始時期の選択肢の拡大(繰下げ上限75歳へ)

特にここでは4に絞って話を進める。受給者にとっては今後すぐにでも影響する問題だからだ。

■年金が請求できる期間は20年となる
「就労延長と受給開始時期の選択肢の拡大」は、今のままの経済成長率で75歳まで働いて、75歳から繰下げした年金をもらう場合の試算である。

繰下げによる増加分と保険料拠出期間の増加分を合わせた所得代替率(モデル世帯の年金額÷現役の平均手取収入額)は、75歳受給開始でなんと99.1%となる。あくまで試算ではあるが、現役時代と同等近いの収入を年金で貰える、ということだ。

これは国が50%を目標としている中で無茶な数字に見えるかもしれない。しかし、65歳を標準受給年齢として年金の繰下げは上限70歳から75歳、つまり10年間受け取りを先送りすることで1ヶ月あたり0.7%、10年繰り下げれば最大1.84倍(0.7%× 12月×10年)と、これだけで2倍近くまで増える。

加えて65歳以降も働いて厚生年金の加入期間が長くなれば、さらに年金は増える。どれくらい増えるかは収入によって異なるが、結果的に所得代替率が政府が目標とする50%の2倍ほど、100%近くまで増える、という試算だ。

ここで考えるのは、年金の受給開始時期をもっと延長できたらということである。今回の改革案では、60歳(最大5年繰上げ)から75歳(最大10年繰下げ)までの15年と、受給開始時期はかなり年齢幅が広くなる。だが意外と知られていないが、受給開始可能なのは60歳から80歳の20年間となる。

これは年金請求の時効が5年あるからだ。現行制度では、繰下げを希望したのにそのまま請求し忘れても5年間遡って請求することができる。例えば70歳で繰下げ請求するつもりだったのが75歳になって請求忘れに気づいた場合、この時点で請求すれば時効5年以内である70歳からの増額率込みの年金が遡ってもらえることになる。

このことは特別な場合だと言われるかもしれない。しかし、書面上は本人の請求忘れか制度の理解不足などの理由で承認されるものだ。そこで、わざと請求忘れのふりをして請求を遅らせるのを勧めるというのではない。これを常例として制度化してみたらどうか、という考え方である。

1/3ページ

最終更新:9/17(火) 6:34
シェアーズカフェ・オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事