ここから本文です

「久保さんはレアルに残って…」「人生が本業」「76億人を意識」本田圭佑がTV生出演で注目発言を連発!

9/17(火) 5:21配信

SOCCER DIGEST Web

「僕が引退するときは死ぬとき、みたいな」

 前メルボルン・ヴィクトリーで元日本代表MFの本田圭佑が9月16日、日本テレビの報道番組『news zero』に生出演し、自身の現状や近未来ヘの青写真、ビジョンなどを熱く語った。

 やはりなにより気になるのは、フットボーラーとしてのこれからだろう。現在はフリーの身で、どのクラブにも所属していない。いかなる展望を抱いているのか。本田は東京五輪への意欲とともに、ざっくばらんに胸中を明かした。

【日本代表PHOTO】サムライブルーを後押しした美女サポーターたち!

「まあオファーはあるんです。オリンピックを目ざしてるんで引退はしないんですけど、来てほしいところからのオファーがない。片思いみたいになってるところがあるし、正直なところ、待ってる部分はあります。来年のオリンピックに出る、そしてそこで勝つと決めている。そのことを考えれば、ヨーロッパの納得がいくクラブでプレーするのが条件。そこでレギュラーとして活躍すれば、確実にオーバーエイジとして選んでもらえるようなクラブ、ということです」

 そこでタレントの櫻井翔さんに「森保(一)監督にはどのようにしてアピールしていくのか?」と問われると、「すべてですよね。本田を選べば勝てると思ってもらえるような活躍をしないといけないですし、若い選手も多いので、ピッチ外のマネジメントも意識していかないといけない」と答えた。

 さらに櫻井さんが「選手としてのその先、第2の人生をイメージしていますか?」と質問をぶつけると、持ち前の本田節を炸裂させた。

「ただなんか、周りのひととかアスリートが引退って言うけれども、そもそも引退ってなんなんだろうなって思うんです。ビジネスのところで『お前、本業やれ!』とかよく聞くんですけど、だいたいサッカーって本業と思ったことないしなと。もう人生が本業なんで、僕が引退するときは死ぬとき、みたいな。だから引退と死を一緒にしてもらえれば」

 そこに有働由美子アナウンサーが「じゃあ自分はなにで構成されてるんですか?」とかぶせる。「まずは生物。細胞レベルの話からなんで。そこに魂があるんで、夢があるんで、教育者とか。もっと言えばスポーツとか、男だとか、もうちょっとジェネラルなところですよね。サッカーは5番目とか6番目に来てる感じ」と、本田ワールドを全開させた。

1/2ページ

最終更新:9/17(火) 5:49
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事