ここから本文です

パートナーの家電の使い方に幻滅!4分の1近くの回答者が別れたいと思ったことも

9/17(火) 8:01配信

Suits-woman.jp

「こんな人だとは思わなかった......」

パートナーと一緒に暮らすようになったら、それまで気づかなかったことがたくさん出てきたという堅実女子も多いのでは?中でも、家事の仕方についての違いはその代表例といえるのではないでしょうか。

そこで今回は、テックマークジャパン株式会社が実施した家電に関する調査をもとに、パートナーとの暮らしについてみていきましょう。

シェアできるなら、どの家事?

毎日遅くまで働いて、家に帰っても何もしたくない......そんな人も結構いるのでは?中には、役割分担や曜日別にどちらが担当するなど、家事についてのルールを決めている人もいるでしょう。その一方で、結局自分ばかりがいつもしているという人もいるかもしれません。「2人とも同じように働いているのだから、家事だって同じように分担したいのに」と。

そこで家事をシェアするなら、何をしたいとアンケートで聞いたところ、ランキングは左の通りになりました。

男女で違いは見られますが、男女ともに掃除系の家事をシェアしたい傾向があることがわかりますね。

家電の使い方がきっかけで別れたくなった!?

家事をするのに必須なのが、家電。アンケートによると、回答者の23.8%もの人が、家電の使い方や掃除方法が原因でパートナーと別れたいと思った経験があることがわかりました!

20代男性が一番我慢している?

しかも男女別のデータを見ると、20代では圧倒的に男性の方が不満を持っているよう。ドキッとした堅実女子はいませんか?

結婚を視野に入れて同棲をしている人たちなら、結婚の可能性が低くなることだってありえますよね。

では、具体的にどのような点に不満を持っているのでしょうか。

「家電に関することでパートナーに対してがっかりしたり、不満を持った経験がある」場合、それはどんな内容ですか?

1位:お手入れ・掃除をしない(37.0%)
2位:正しい使い方をしない(35.4%)
3位:使い方が乱暴・雑すぎる(32.3%)

自分では大したことないと思っていることも、相手にとってはストレスになっているかもしれませんね。

掃除機や洗濯機に溜まったゴミを取るのが、ついつい後回しになっている人も少なくないのでは?こまめにお手入れをすればすぐに終わったはずだけど、溜まりに溜まって大変なことになっていたという人も中にはいるかもしれませんね。

また、最近は説明書を読まなくても簡単に使える家電も多いですが、たまにどう使えばいいかわからない機能もありますよね。そんなときに自己流で使い続けると、故障の原因につながる恐れだってあるでしょう。

1/2ページ

最終更新:9/17(火) 8:01
Suits-woman.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事