ここから本文です

前澤友作、ZOZO社長退任で隠す「潜水艦」購入計画

9/17(火) 6:11配信

SmartFLASH

「前澤さんの野望は『宇宙旅行』だけじゃない。『海底』への野望もある」(ZОZО幹部社員)

【写真】剛力彩芽とZOZO前澤社長 高級寿司屋

 9月12日、ZОZОのヤフー傘下入りに合わせ、前澤友作社長(43)が辞任を発表した。理由のひとつを、「宇宙旅行の準備期間を確保するため」と話したが、この幹部社員は、別の計画もあると証言する。

「発端は、昨年6月。タイの少年たちが洞窟に閉じ込められる事件がありました。あのとき、前澤さんが尊敬する、テスラCEОのイーロン・マスク氏が、救出用に『ミニ潜水艦』を急遽開発したんです。これに刺激を受けた前澤さんは、潜水艦を注文。手付金も支払いました」

 富裕層向けの自家用潜水艦の価格は数億円程度だが……。

「その後、資金繰りに苦しんだのか、残代金を支払えず、手付金が没収されたという噂が、今年の6月に社内で広まりました」(同前)

 潜水艦購入計画についてZОZОの広報部に確認すると、「個人の活動に関することなので、回答は控えさせていただきます」と答えた。

 今回、前澤氏が得るZОZО株の売却益は約2400億円といわれている。これを使って、宇宙より難度の低い “海底デート” に剛力彩芽を誘うつもりか!?


(週刊FLASH 2019年10月1日号)

最終更新:9/17(火) 8:24
SmartFLASH

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事