ここから本文です

大人の男に似合う、“夜”のベスパ

9/17(火) 11:52配信

GQ JAPAN

イタリアン・スクーターの代名詞と言える「ベスパ」のフラッグシップモデル「GTS Super300」を全身ブラックで統一した特別仕様“Notte”に試乗。“クラシックだけどモダン”な最新イタスクの走りはいかに?

【写真を見る】走りも侮れない!マットブラック仕様のベスパ

“夜”をイメージしたマットブラックのボディ

ベスパのスポーティグレード「GTS Super」をマットブラックにペイントした特別仕様車が「GTS Super 300 Notte」である。Notte(ノッテ)とはイタリア語で“夜”を意味する。
ベスパといえば、『ローマの休日』『アメリカン・グラフィティ』『さらば青春の光』、はたまた『探偵物語』といった数々の映画やドラマにも登場する2輪界きっての名バイプレーヤー。「ゼッツー? カタナ? 何ソレ?」というぐらい、「いつかベスパに乗りたかった」というファンも多いと聞く。

この「GTS Super 300 Notte」は278cc単気筒を積む。全身黒尽くめの姿はいかにも都会に似合いそうなクールなモデルである。だがそれだけではない。“スタイル優先のオシャレバイク”と侮って乗ると、その意外な快速ぶりに驚かされる。スロットルの開け始めから「オッ!?」と思わせる豊かな力感で、クラシカルな外観にそぐわぬ角度で速度を押し上げていく。お尻の下で、シングルピストンが元気に上下するのを感じる。

300 Notteの痛快な動力性能は、小柄なボディに250ccを超えるエンジンを積むがゆえ。全長1950mmで車重は160kg。たとえば国産250ccスクーターの「ヤマハXMAX」は2185mmに179kg。400ccの「スズキ・バーグマン」は、2235mmの215kgだ。比較するとベスパの軽量コンパクトぶりがわかる。

278ccエンジンは4ストロークのインジェクションタイプ。シングルカムの4バルブユニットで、最高出力21ps、最大トルク22Nmとアウトプットは妥当なところだが、CVTとの組み合わせで車体をスムーズに運んでいく。印象的なのは中間加速のよさで、街なかを走っていて素早く前に出たいときや、止まろうとしているクルマをサッと追い抜くさいに、ダッシュが鋭い。軽量ボディのありがたみを感じる。スタイリッシュなだけのスクーターではないのだ。

1/2ページ

最終更新:9/17(火) 12:57
GQ JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事