ここから本文です

安い!簡単!鶏むね肉の激ウマレシピ6

9/17(火) 12:00配信

ハルメクWEB

9月に入っても暑い日が続き「残暑疲れ」という人も多いのでは? そんな方におすすめなのが、疲労回復の鍵となる栄養「イミダペプチド」を豊富に含むスーパー食材「鶏ムネ肉」です。鶏ムネ肉をしっとりおいしく飽きずに食べられる絶品レシピをご紹介します。

なぜ疲れに鶏ムネ肉がいいの??

鶏ムネ肉は低脂肪・低カロリー・高タンパクな食材であることから、もともとアスリートに好まれてきた食材として知られています。ですが、ただヘルシーなだけではなく、疲れの回復にも効果的な食材というのも研究でわかってきています。

実は、鶏ムネ肉には「イミダペプチド」という抗疲労成分がたっぷり。疲れを取るために必要な量は1日200mgが基本とされていて、これは鶏ムネ肉100gに相当します。

「今日はちょっと疲れたな」という日は夕食のおかずに一品、鶏ムネレシピをプラスするだけで、翌朝に感じる疲労感がきっと違うはずです。

絶品&ヘルシー!メインのおかずになる鶏ムネ肉レシピ6

まずは「基本の蒸し鶏」の作り方から……

材料(作りやすい分量)
・鶏ムネ肉…2枚
【A】
・水…1000ml
・酒…大さじ2
・塩…小さじ1/2
・長ネギ(青い部分)…1本
・ショウガ(薄切り)…2枚

作り方
1. 鍋に鶏ムネ肉と【A】を入れて中火にかけ、沸騰したらアクを取り、弱めの中火で7~8分煮る。
2. 火を止め、そのまま粗熱が取れるまで置く。
※保存容器に汁ごと入れ、乾燥を防ぐためにペーパータオルをかぶせてから蓋をする。冷蔵で5~6日、冷凍で1か月保存可能。余ったゆで汁はスープやうどんの汁にしてもおいしい。

香味野菜が食欲をそそる 【しっとり蒸し鶏の薬味じょうゆ】

材料(2人分)
・基本の蒸し鶏…1枚(そぎ切り)
・好みの野菜…適量
【A】
・長ネギ…10cm(みじん切り)
・ショウガ…1片(みじん切り)
・しょうゆ…大さじ2
・酢、ゴマ油…各大さじ1

作り方
器に好みの野菜を添えて基本の蒸し鶏を盛り、【A】をかける。
※鶏ムネ肉は1枚約240gのものを、皮を取り除いて使用しています。

1/2ページ

最終更新:9/17(火) 12:00
ハルメクWEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事