ここから本文です

【VAR特集#3】選手が語るVAR。齊藤未月「スローで見ると激しく見える」

9/17(火) 20:24配信

footballista

齊藤未月(湘南ベルマーレ/U-20日本代表)インタビュー

いよいよルヴァンカップでも始まったVARについて選手は実際どう思っているのか。今年のU-20W杯の日本代表チームでキャプテンを務めた齊藤未月が、世界の舞台で経験したVARについて語ってくれた。選手にとってVARはポジティブなのか、また選手によってはプレースタイルが変わるのか、インタビュアーの川端暁彦が選手の本音に迫った。

インタビュー・文 川端暁彦
編集 MCタツ
編集協力 堀本 麦
写真 六川則夫


――U-20W杯で4試合、「VARのある」試合をキャプテンとして体感したわけですけど、実際やっていてどうでしたか?

齊藤「基本的にはあまり気にはならないかなくらいの感覚でしたね。ただ、やっぱり、得点が入った時とかは今まで以上に緊張します。実際に入ったかどうかというのがわからないので……。審判が(VARと交信して)今チェックしているぞというのも常に感じることになるので。だから、『どっちだよ、頼むから入っていてくれ』みたいな感覚です(笑)」


――あの間は独特でしょう。

齊藤「独特ですね。ゴールが決まってから喜びづらくなるのは間違いないと思います」


――ラウンド16・韓国戦では郷家選手のゴールがVARで取り消しに。今あらためて振り返ると?

齊藤「あれがグループリーグだったら、切り替えられる部分もあったと思うんですが、ノックアウトで、それこそW杯だったから……。精神的なダメージは大きかったと思います。VARでゴールが取り消されるというのは初めての経験でしたから。難しいところはありました」


――初めてあれを喰らうと動揺しますよね。

齊藤「チームとして動揺しちゃっていましたね。僕もそうですし。そこは間違いないです」


――選手たちもそこが試合の流れの変わり目だったなという感想でした。もし、あれがVARのない普通の試合だったら、副審がすぐ旗を上げてノーゴールで終わっていたのかもしれないし。

齊藤「そこも慣れなんだと思います。VARのある試合だと、副審は微妙な時は(旗を)上げないでゲームを続行させるので、そういう部分についても初めてやった選手としてやりづらい部分はあったと思います」


――副審のフラッグアップについては、明らかにオフサイドっぽい状況でも取らないで続行になるから、無駄走りさせられる感覚もありますか?

齊藤 「ありますね。ただ、そこも慣れなんだと思います。VARがこちらにとって有利に作用することもあると思うし、慣れれば問題ないと思います。まず本質として、『誤審をなくす』ということは間違っていないと思うので。正しい判定を出してくれるというのは、選手にとって悪いことではないと思いますから」


――各年代のW杯でも、あるいはクラブW杯でもVARを導入する方向になっているのが現状だから、逆にJリーグで経験しておきたいというのもあるのでは?

齊藤「それこそ、プレミアリーグも今年からVARが入りましたからね。そうなると、Jリーグも早くやった方がいいと思います。最近はジャッジについていろいろとありますし、もし早く導入できるのだったら、導入してくれた方が選手にとってもいいことだと思います」


――湘南でも浦和戦で大きな誤審が。

齊藤「そうですね。僕が(代表に)行っている間にありました」


――ああいうのは選手としてなくしてほしい、と?

齊藤「どうですかね、あったらあったで面白いという考えもあるのかもしれない。ただ、(杉岡)大暉が試合後にコメントしていたみたいに、僕たちはサッカーへ人生を懸けている職業だから、一つのゴールが決まるかどうかが大事になってくる。だからやっぱり、選手としては(VARが)あってもいいのかなと思いますね」


――ただ、逆にないならないでいいという感覚?

齊藤「なくても気にならないですね。ただ唯一、ゴール・ライン・テクノロジーだけは、すぐにでも入れてほしいなと思いますけど。正直、ゴールはゴールじゃないですか」


――PKかPKじゃないか、とは違うと。

齊藤「そうです。ファウルの判定は人のさじ加減みたいなところがあって難しいと思いますが、ゴールはゴールなので。ラインを割っているかどうかだけなので。そこはあってもいいという感じですね」


――ただ、世界的な方向性は、ゴール・ライン・テクノロジー単独よりもVAR導入に傾いていて、乗っかるしかないところもある。

齊藤「そうですね。世界のサッカーがそうする流れなら、そこに抵抗する必要もないなと思います」

1/3ページ

最終更新:9/17(火) 20:24
footballista

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事