ここから本文です

大学生とモデルを両立する愛花の夢とは?「人生、欲張ってみてもいいと思う」

9/17(火) 15:14配信

NET ViVi

ViVi専属モデルになって早10ヵ月。ViViモデル唯一の現役大学生として、勉強を頑張りながらモデルとしても日々奮闘中な愛花の、初めての特集ページが実現! 「大学ではどんなことを勉強してるの?」「どうやって仕事と大学を両立してるの?」。理系大学の経営学部に通う才色兼備なViViモデル・愛花に寄せられた、数多くの勉強に関する質問。マジメなオベンキョウの話をしてもらいました!

我慢せずにやりたいことをやってもいいと思った

ViViの専属モデルオーディションを受けることを決めたのが、受験生にとって一番大切な高校3年生の夏休みでした。そしてオーディションの合格が発表されたのが9月。元々、国立大学の理学部化学科を志望していたのですが、ViViモデルが決まったことをきっかけに、志望校は私立に、目指す学部も経営学部にガラリと変更することになりました。ただそれは全くネガティブなことではありませんでした。モヤモヤしていて見えなかった道が、ぱーっと晴れ、自分の進みたい将来への道が照らされたようでした。今までなかった選択肢を考えられるようになって、自分にもたくさんの可能性があることに気づけたんです。それまでは、大学を卒業して就職するという、いわゆる一般的な道を進むと思っていて、それが当たり前だし、妥当だよねって。でもViViモデルになることが決まって、人生あらかじめ敷かれたレールの上を歩かなくてもいいんじゃないか、もうちょっと欲張ってみてもいいんじゃないかって思うようになれたんです。

ViViモデルの合格が分かるまでは、焦りと緊張で勉強がなかなか手につかない日々が続いていました。そんな自分を追い込んで死にものぐるいで毎日机に向かって勉強して、どうにか第一志望校にも合格!大学生活が始まってからは……実は、私の通う大学、講義の量がハンパじゃないんです(笑)。大抵の大学で1授業2単位もらえるところ、私の大学ではほとんどの授業が1単位。1年生はかなりの激務です。6限まである日は夜7時半まで大学に居ます。早朝から撮影して、終わったら急いで学校に行って、また現場に戻るなんて日もあったり。テスト前は、睡眠時間を削って、ご飯とお風呂の時間以外はずっと勉強しています。

1/2ページ

最終更新:9/17(火) 18:22
NET ViVi

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事