ここから本文です

米国大型クルーザー編[2019新車走評]カテゴリー別“試乗インプレッション”大図鑑 #12

9/17(火) 12:44配信

WEBヤングマシン

HARLEY-DAVIDSON SOFTAIL Fat Boy[見た目優先デカタイヤ]街乗りは意外と普通

HARLEY-DAVIDSON SOFTAIL Fat Boy■1745cc 14.7kg-m 317kg 18.9L シート高675mm ●236万1400円~

ソフテイルシリーズが生まれ変わっても、定番モデルとしてファットボーイの特徴的なスタイルは健在。エンジンは1745cc版ミルウォーキー8を搭載している。ハンドリングにはクセがあり、車体が直立している付近では軽いが、そこから先はバンクするほど前輪が切れ込んで手応えが重くなって峠道ではやや苦労する。これは前160/後240幅という超ファットなタイヤの弊害だろうが、見た目優先のこのタイヤで街乗り程度は全く普通にこなせてしまうのがスゴイ。

HARLEY-DAVIDSON STREET ROD[異端のハーレー]高回転でブン回す

HARLEY-DAVIDSON STREET ROD■水冷V型2気筒 749cc 6.0kg-m 233kg 13.1L シート高725mm ※諸元はSTD ●[STD]86万6800円~ [STREET ROD]101万5800円~

ストリート750をベースにがっつりスポーツ方向へと振ったモデル。キャスター角を32→27°へと起こし、ハーレー初となる17インチラジアルを履いた車体は、シャープすぎないところで爽快な旋回力を楽しませてくれる。エンジンが本領発揮するのは5000rpmからで、レブリミッターの入る9000rpm弱までのギューっと昇りつめていく感覚はスポーツユニットのそれ。ゆえにVツインっぽい鼓動感は薄めだが、日本人にはむしろ馴染みやすいかも。

INDIAN FTR1200/S[米国流ハンドリング]そうきたか!

INDIAN FTR1200/S■水冷V型2気筒 DOHC4バルブ 1203cc 120ps 11.75kg-m 230kg[S:235kg] 12.9L シート高840mm ●[S]209万9000~236万4000円 [STD]189万9000円

随所にフラットトラッカーのエッセンスを散りばめたビッグVツインのアメリカンスポーツ。ラッチレバーは軽く、上質なタッチのシフトペダルを踏み込んで発進すると、ゴツゴツ感のないエンジンで粘りもあり初心者にもフレンドリー。2000rpm以下でゆっくり流せる一方、3500rpmあたりのトルクの盛り上がりでコーナーをスポーティに楽しめる。さらに6000rpm付近のトルクピーク域でのパンチある走りも魅力的だ。ストロークの長いサスは路面の不整をいなし、前19後18インチ大径ホイールのバランスいい組み合わせでコーナリングは優雅ですらある。ライダーに先走りすることなく、感性に合った旋回性を発揮してくれる。これぞインディアンの提唱するアメリカンハンドリングといった感じだ。

4/5ページ

最終更新:9/17(火) 12:44
WEBヤングマシン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事