ここから本文です

山岳ドライブで快適な紅葉狩り:石川~岐阜「白山白川郷ホワイトロード」

9/17(火) 15:31配信

nippon.com

白山白川郷ホワイトロードは、石川県白山市と世界文化遺産「白川郷」のある岐阜県白川村を結ぶ全長33.3キロの有料道路。標高600~1450メートルの山岳地帯を通り、信仰の山といわれる白山(標高2702メートル)を遠望できる。秋には赤、黄に染まる渓谷美や名だたる滝を間近に眺められるとあって、多くの観光客が紅葉狩りに訪れる。

沿線の絶景スポットには必ずと言っていいほど駐車場があり、展望台も整備されている。白山のもっとも美しい姿を眺望でき、駐車場も近い白山展望台はおすすめ。車を置いてブナ林を散策したり、滝巡りをしたりと、自然とのさまざまな親しみ方ができる。高低差が大きいので、紅葉の期間も長い。早い所では10月上旬から紅葉の見頃となり、道路が冬季閉鎖となる11月10日まで楽しめる。運が良ければ、冠雪した白山、雲海とのコラボを見られるかもしれない。

この道路の公式サイト(「白山白川郷ホワイトロード」http://hs-whiteroad.jp/)で、見頃情報、おすすめスポットなどを紹介している。紅葉シーズンには金沢駅を発着し、ホワイトロード経由で白川郷や五箇山(富山県南砺市)の合掌造り集落、訪日外国人に人気の飛騨高山(岐阜県高山市)を巡るバスツアーがある。

最終更新:9/17(火) 15:31
nippon.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事