ここから本文です

米移民当局はメキシコの麻薬カルテルに難民申請者を引き渡している?

9/17(火) 18:38配信

ニューズウィーク日本版

<トランプ政権の移民政策が、合法的な移住を阻止し、難民申請のプロセスそのものを損なっている、と支援団体は批判する>

アメリカに難民申請を行った後にメキシコに送還された男性とその子どもが、わずか数時間後にメキシコのカルテル(麻薬組織)に誘拐された。この男性は、ドナルド・トランプ政権の移民政策の下、難民申請の認定が下りるまで移民をメキシコで待機させる「移民保護手続き」によってメキシコに送り返された。

7月半ば以降、この待機措置によって4万2000人の難民申請者がメキシコに送還されている。身代金を払って解放された男性は、ニュースサイトのバイスに対し、腐敗したメキシコの入国管理官と冷酷な米国境警備局の職員たちが、移民をカルテルに引き渡していると語った。

バイスの報道によれば、デービッド(仮名)親子はメキシコに送り返されたわずか数時間後、国境からわずか数キロの地点でトラックに押し込まれて誘拐された。送還後は裁判所での聴聞を待つ間、シェルター(保護施設)に滞在できると言われていたのに、2人を待ち構えていたのはカルテルのコヨーテ(人身売買業者)たちだった。

トランプ政権の「移民保護手続き」の下では、難民申請の審査を待つ移民たちはメキシコに送り返される。メキシコの全国人権委員会によれば、その待機中にカルテルに狙われて誘拐されることが多いという。

<「シェルターに連れて行くと言われたのに」>

デービッドは、メキシコ北部ヌエボラレドのカルテルが女性や子どもたちを誘拐し、最低賃金で働く貧しい親族から何千ドルもの身代金を巻き上げていると語った。

誘拐されるわずか数時間前、デービッドは米国境警備局の職員たちから「シェルターに連れて行くと言われた」とバイスに語った。「彼らは嘘をついた」

ドランプ政権の指示の下、メキシコ政府は難民申請者たちに2つの選択肢を提示する。無料バスでメキシコ南部のグアテマラとの国境地帯の町タパチュラ(米国境から約30時間)に行くか、メキシコで最も危険な地域のひとつである北部ヌエボラレドにとどまるか。ヌエボラレドは、身代金目的の誘拐が多発していることで知られる。

「移民当局の職員たちが、僕らをカルテルに引き渡した」とデービッドは語った。「僕らが殺されても構わないんだ」

人権団体ヒューマンライツ・ファーストのエレノア・エーサー難民保護担当専務理事は、「米国土安全保障省が実質的に、移民や難民を誘拐犯などに引き渡しているのは明らかだ」と指摘する。メキシコの国境地域では「警察に助けを求めても無駄だ」と彼女は言う。

1/2ページ

最終更新:9/17(火) 19:41
ニューズウィーク日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事