ここから本文です

白Tシャツ、秋はインナーで活躍 すっきり首元を意識

9/17(火) 18:03配信

NIKKEI STYLE

《連載》Fashion × Analytics

 自分が探しているファッションアイテムについての質問を投稿すると、登録された全国のショップから回答が寄せられるファッションアプリ「FACY(フェイシー)」。提供元のファッション系ベンチャー、スタイラー(東京・渋谷)が、月間100万人を数える利用者からの投稿内容を分析、次のトレンドを読み解く。メンズ向けの「FACY MAN」の投稿件数で、一番多かったのが「Tシャツ・カットソー」だった。さらに投稿内容を詳しくみると、「Tシャツ・カットソー」に関連する頻出語として目立ったのが、「白」、「シンプル」というキーワードだ。Tシャツにシンプルさを求めるのであれば、無地であることはひとつの条件になってくるだろう。また、夏の主役のイメージが強い白のTシャツだが、秋口であれば、インナーとしての使い方も期待したい。今回は、FACYに登録するセレクトショップがおすすめする、白の無地Tシャツを紹介する。

【写真はこちら】Fashion × Analytic 白Tシャツ、秋は首元を意識

■ちょっといいジャケットを羽織った時に映える首元

 大人の視点に立って、白の無地Tシャツを選んでくれたのは東京・表参道にあるセレクトショップ「VA-VA CLOTHING&VARIETY(バーバクロージング&バラエティ)」の店主である馬場隆臣氏だ。「オシャレしたい気はあるけれど、白のTシャツとなると何を選べばいいのかわからない」。そんな大人にこそ手に取ってほしいと語る同氏。そこで、30~40代はもちろん、50代の男性にもおすすめできると提案してくれたのが、VA-VAオリジナルのスリットTシャツだ。

 その理由は生地とシルエットだ。まず、生地には独特のハリ感があるため、「普通のコットンのTシャツとはちょっと違う」見た目になっている。首元のリブも一般的なTシャツでよく見られるフライス仕様(伸縮性がある)ではなく、共地(ボディーと同じ生地)の仕様にするなど、ディテールにもこだわりがうかがえる。「秋口ならば、ちょっといいジャケットを羽織った際に首元の見え方を変えてくれる」と同氏は語る。

 また、シルエットの特徴としては、両サイドの裾に入ったスリットだろう。ポケットにアクセスしやすいだけでなく、シルエットにも動きが出る。形はややゆったりめに仕上げているが、極端なオーバーサイズではないので、大人でも取り入れやすい。

1/2ページ

最終更新:9/17(火) 18:03
NIKKEI STYLE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事