ここから本文です

BMWのフロントグリルは巨大化が止まらない! コンセプト4登場

9/17(火) 20:44配信

GQ JAPAN

BMWのコンセプト・モデル「コンセプト4」がフランクフルト・ショー2019でお披露目された。注目は巨大なキドニー・グリルだ!

【写真を見る】市販化はいつ?

大型のキドニー・グリルは3.0 CSiがモチーフ

2019年9月10日、BMWは、コンセプト・モデルの「コンセプト4」をフランクフルト・ショー2019で発表した。

コンセプト4は、次期4シリーズ・クーペを示唆するコンセプト・カー。ボディ形状は2ドア・クーペだ。エレガントかつダイナミックなスタイリングのなかでも、とくに目を引くのが大型のキドニー・グリル(フロント・グリル)で、これは往年の「3.0 CSi」などをモチーフにしたという。

また、ドア・ミラーのかわりに小型デジタル・カメラを設置。デジタル・カメラで撮影した側方映像は、室内のモニターに映し出される。迫力あるアルミホイールは21インチ。

BMWグループ・デザインのアドリアン・ファン・ホイドンク上級副社長は、報道向け資料のなかで、「コンセプト4は、BMWブランドの美的エッセンスを体現しています」と述べている。

搭載するエンジンやトランスミッションは不明。駆動方式は、FR(後輪駆動)と思われる。また、インテリア・デザインは開示されていない。

おそらく次期4シリーズ・クーペは、コンセプト4の特徴を数多く盛り込むと予想される。新型4シリーズの登場時期や販売価格は明らかになっていない。

文・稲垣邦康(GQ)

最終更新:9/17(火) 20:44
GQ JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事