ここから本文です

メーガン妃、ダイアナ元妃から譲り受けた「大切な日のイヤリング」をつけて登場【SPURセレブ通信】

9/17(火) 20:02配信

集英社ハピプラニュース

社会的または経済的に恵まれない女性たちの雇用をサポートする慈善団体「スマートワークス」のパトロンを務める、英王室のメーガン妃(38)。この団体と共同したアパレルライン「スマート セット」のカプセルコレクションがついにローンチ!

【写真】故ダイアナ元妃が愛用していたイヤリングをつけた、メーガン妃をもっと見る

2019年9月12日(現地時間)に開催されたローンチイベントでは、カプセルコレクションの中から白いシャツと黒いパンツをチョイスし、自ら着用したメーガン妃。 産後4カ月とは思えないほどスリムな体形にも驚くが、それ以上に注目されたのが煌びやかなジュエリー。

メーガン妃の長い髪から覗かせていたバタフライのイヤリングは、故ダイアナ元妃(享年36)が愛用していたもの。ヘンリー王子(36)が母の形見のひとつとして受け取ったそうで、それをメーガン妃に贈ったのだとか。

この日以外にも、2018年10月に豪州などを巡ったロイヤルツアーをはじめ、妊娠発覚直後の初公務でも同じイヤリングを身に着けており、メーガン妃のお気に入りと言われている。

今回発表された「スマート セット」のラインナップは、ジャケット、パンツ、トートバッグ、シャツ、ワンピースの全5種類。いずれも女性たちの就職に適した衣服を提供することを目的に作られており、メーガン妃の友人でファッションデザイナーのミーシャ・ノヌーをはじめ、百貨店やアパレルブランドの協力のもと製作された。

1アイテムを購入すると1アイテムが「スマート ワークス」に寄付されるが、早くもトートバッグは完売したとの情報も。

イベントでは「スマート ワークス」がいかに素晴らしい活動であるかをスピーチしたメーガン妃。終了間際には「そろそろ、授乳の時間なの」と、生後4カ月のアーチー(0)のところへ急いでいる素振りを見せ、世界中の女性の共感を呼んだ。

育児に仕事に多忙を極めるメーガン妃だが、今年は昨年以上に充実している1年と言えそう。

Photo:Getty Images Text:Mai Kamei

最終更新:9/17(火) 20:02
集英社ハピプラニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事