ここから本文です

“カロゴン”が豪華になった! 新型カローラ ツーリングはライバル不在? もはや現代のカルディナだ!

9/17(火) 21:05配信

GQ JAPAN

トヨタの新型「カローラ」が登場した。なかでも、ステーションワゴンはスタイリッシュなデザインが目を引く。かつて、“カロゴン”の略称で人気を集めたカローラ ワゴンの新型はいかに?

【写真を見る】3ナンバー化のメリットは?

使い勝手を高めたラゲッジ・ルーム

2019年9月17日、トヨタ自動車は、新型「カローラ」を販売開始した。ボディ形状はセダン、ステーションワゴン、5ドアハッチバックの3タイプである。

ステーションワゴンは、これまで「カローラ フィールダー」の名で販売されていたが、新型は「カローラ ツーリング」の名に変更された。

新型カローラ ツーリングは、従来のカローラ フィールダーが5ナンバーボディだったのに対し、3ナンバーボディに拡大された(全長4495mm×全幅1745mm×全高1460mm、ホイールベース2640mm)。

エクステリア・デザインはこれまでのカローラ フィールダーよりも、ワイドかつ流麗だ。広報資料には「TNGA(Toyota New Global Architecture)プラットフォームの採用により低重心なシルエットを実現」と記されている。また、樹脂製のバックドアを採用した結果、より立体的な造形を果たせたという。

インテリア・デザインはセダンや5ドアハッチバックと共通である。インパネ上部には、トヨタ初のディスプレイ・オーディオを設置(全車標準)。スマートフォン内蔵のアプリケーション(LINEナビ)を、ディスプレイ・オーディオに表示出来る。なお、従来のカーナビゲーションも装着出来るという(オプション)。

電動格納式ドアミラーやオートエアコン、オーディオコントローラー付きステアリング・ホイールなどの快適装備は全車標準。衝突軽減ブレーキやACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)、オートマチックハイビームなどを含む先進安全装備群「Toyota Safety Sense」も全車標準である。

ラゲッジ・ルームには、新たに「リバーシブルデッキボード」を設置。ラゲッジ・ルームフロアを2段階に調整出来る(ハイブリッドの4WD車は調整不可)。また、デッキボードは裏返しても使える。なお、裏側は樹脂製ゆえ、汚れなどを拭き取りやすい。

1/2ページ

最終更新:9/18(水) 0:04
GQ JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事