ここから本文です

全米8強のバンブリッジ/マクラクラン勉は初戦でシードダウン [男子テニス]

9/17(火) 15:00配信

テニスマガジンONLINE

 ATPツアー公式戦の「モゼーユ・オープン」(フランス・メス/9月16~22日/賞金総額58万6140ユーロ/室内ハードコート)のダブルス1回戦で、第2シードのルーク・バンブリッジ(イギリス)/マクラクラン勉(日本)はロベルト・リンドステット(スウェーデン)/ヤン レナード・ストルフ(ドイツ)に4-6 6-7(15)で競り負けた。試合時間は1時間38分。

2019年海外ツアー日本人選手:男子|PHOTOアルバム

 マクラクランとバンブリッジは、今大会が5度目のダブルス出場。2週間前に終了したUSオープン(アメリカ・ニューヨーク/ハードコート)では、8強入りしていた。

 今シーズンのマクラクランは、ストルフと組んで1月のオークランド(ATP250/ハードコート)で優勝を飾り、昨年10月の東京(ATP500/室内ハードコート)に続くコンビ2勝目を挙げた。

 リンドステット/ストルフは準々決勝で、ジョナサン・エルリッチ(イスラエル)/ファブリス・マルタン(フランス)とジル・シモン(フランス)/ミーシャ・ズベレフ(ドイツ)の勝者と対戦する。

 モゼーユ・オープンはATPツアー250の規模の大会で、シングルス28ドロー、ダブルス16ドローで争われる。

<上位出場選手シード順位|シングルス>

ダビド・ゴファン(ベルギー)[1]
ニコラス・バシラシビリ(ジョージア)[2]
ブノワ・ペール(フランス)[3]
ルカ・プイユ(フランス)[4]

※[ ]数字はシード順位

最終更新:9/17(火) 15:00
テニスマガジンONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事