ここから本文です

【専門家と本音トーク】結婚/仕事はどちらを優先すべき?幸せに働くために必要なこととは?

9/17(火) 18:44配信

with online

【令和時代】私たちが幸せでいられる “働き方”本音TALK

お給料、やりがい、ワークライフバランス ……何が大事? 2019年4月から施行された「働き方改革関連法」により、ますます多様化する労働環境。幸せやお金の価値観も変わり行く「令和」の時代に、女性が本当にハッピーになれる働き方をリサーチ。

今回は、キャリアコンサルタントの丸井さんとwith girlsの座談会を実施。みんなが抱える仕事への不満や理想を、赤裸々に語ってくれました。そこから見えてきた答えとは?

《TALK 1》幸せな結婚/仕事はどちらを優先すべき?

アラサー世代だからこそ悩む、結婚と仕事の優先順位。いちばんバランスのいい働き方を、それぞれの立場から検証!
理想は結婚・出産後も働きやすい環境だけど、現実はどうなの?

丸井 未婚のみなさんは、将来の結婚との両立で不安はありますか?

藤田 うちは育児支援などがあまり整っていない環境で……。結婚生活との両立にはそこまで不安はないけど、出産=退社なのかなと。

丸井 専業主婦願望はないの?

今村・藤田 ないです。

渡邊 私も自分で稼いだお金だと、結婚後も気兼ねせずに使えると思うので、仕事は続けたいですね。

丸井 既婚組は、仕事と家庭のバランスは実際、どんな感じですか?

佐藤 私は結婚生活を大事にするために、残業の多い部署→定時に帰れる部署に異動しました。お給料は下がったけど、後悔はありません。

中瀬 私も夫と過ごす時間を増やしたくて、2度転職しました。

小川 転職先の会社の決め手は?

中瀬 出産後も働きやすい会社かどうか。労働環境をよく知るために内定後に社員3名と面談して、納得してから入社をしました。

今村 すごい! 徹底してる。

丸井 そうそう。内定を取ってしまえばこっちのもの。環境面を最優先に考えるなら、入社前に面談を申し込むのは非常にいい方法です。

藤田 みなさんのお話を聞いていると……結婚後も今と同じように働くというのは難しいんですか?

丸井 そんなことはありません。ただ結婚後は、あれもこれもと欲張るのではなく、何を最優先するかを自分で考えて取捨選択する場面が増えることは確かかも。「小1の壁」というのを知っていますか? 育児は小学校に上がってからの方が大変だから、それまでにフリーになることを目指して働くという女性が最近非常に多いんです。あまり「~ねばならない」という固定観念に縛られないことが、新しい時代の働き方!

1/3ページ

最終更新:9/17(火) 18:44
with online

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事