ここから本文です

【吉野北人×川村壱馬】「乱闘する場面で相手のパンチが当たって…」過酷な撮影裏話!

9/17(火) 19:01配信

with online

負けず嫌いコンビの新たな挑戦

THE RAMPAGE from EXILE TRIBEのボーカリストとしてパワフルなパフォーマンスを牽引している2人が、銀幕でも暴れまわることに!? 俳優として2作目となった映画『HiGH&LOW THE WORST』の見どころと、過酷な撮影で得た収穫を語ってくれました。

Hokuto Yoshino

1997年3月6日生まれ。宮崎県出身。川村壱馬と同じく、THE RAMPAGE from EXILE TRIBEのボーカリスト。映画『PRINCE OF LEGEND』で俳優デビュー。

Kazuma Kawamura

1997年1月7日生まれ。大阪府出身。THE RAMPAGE from EXILE TRIBEのボーカリストであり、映画『PRINCE OF LEGEND』で俳優デビュー。

プレッシャーに負けず全力で戦い抜きました!

映画『HiGH&LOW THE WORST』は、LDHがプロデュースしてきたシリーズと伝説の不良漫画がクロスオーバーした作品。物語の中心人物を演じる2人にとっても、まさに夢物語のようなプロジェクトだった様子。

川村 「LDHに入ったばかりの頃から憧れていた『HiGH&LOW』と、学生時代から大好きだった『クローズ』『WORST』が一緒になるなんて、僕にとっては夢の集大成のような話です。全身全霊で挑ませてもらいました」

吉野 「僕は自分のキャラクターが不良役に合わないと思っていたので、今回の映画に出られると知ったときは驚きました。ただ負けず嫌いなので、両方の作品のファンの方々に認めてもらえるように全力を出しきりました」

もともと2人はボーカリストとして激しいパフォーマンスが持ち味のグループを牽引してきた存在。劇中のアクションシーンでも大暴れしている。

川村 「撮影期間中はハードでしたし、乱闘する場面で相手のパンチが当たって額に大きなたんこぶができたことも。歌やダンスとは違う筋肉を使わなければならず、毎朝ベッドから起き上がるのが辛かったです(笑)」

吉野 「(川村)壱馬は空手の経験者だけど、僕なんか人を殴ったことないですからね(笑)。カメラの位置を意識しながら、迫力が伝わるように体を動かすことに苦戦しました。体だけじゃなくて頭もヘトヘトになりましたね」

最終更新:9/17(火) 19:01
with online

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事