ここから本文です

竹内まりや、山下達郎ライブのコーラス参加で見えた「彼女らしさ」

9/17(火) 21:00配信

週刊女性PRIME

 9月7日、東京・渋谷にあるNHKホールで行われた山下達郎(66)のコンサートでは、ファンを喜ばせるサプライズが。

【写真】竹内まりやが何日もかけて5000枚書き上げたというサイン色紙

「アンコールの曲に入ってから、ステージのいちばん奥の隅にいた3人組のバックコーラス隊が、いつの間にか1人増えていたんです。ある曲の間奏で、達郎さんがバンドのメンバー紹介を順番に始めて、いちばん最後に照れながら“ウチのカミさん”と紹介したのがコーラスに加わっていた竹内まりやさんでした」(観客のひとり)

 会場は大歓声に包まれ、竹内まりや(64)はその後もコーラスとして達郎バンドに加わった。

「この日のコンサートに行けた人は運がいいですね。私も当日まで知りませんでした(笑)。彼女は“神出鬼没”なんです。こういったサプライズは、年に1回か2回ぐらい。前回は今年6月にあった山下の島根公演でした」

 と、竹内の所属事務所の社長が明かす。とはいっても、今回、竹内が出てきたのには理由がありそう。コンサートの2日前、5年ぶりのニューアルバム『Turntable』をリリースしたばかり。

 しかし、竹内のレコード会社関係者は歯がゆそうに語る。

「本当はもっといろんなところで宣伝してほしいのですが、本人が派手なことはしたがらない。達郎さんのステージだって、せっかく出るならもっとうまい演出でCDをアピールしてほしいんですけどね」

まりやは達郎の日本一のファン

 あくまでも控えめに、なのは彼女なりの理由があるとか。

「実は、まりやさんは達郎さんの日本一のファンなんです。本気で“彼は音楽界の人間国宝だ”と公言しています。ただし、お互いのファン層に違いもありますし、まりやさんが出ることで達郎さんのステージの邪魔にはなりたくない。音楽活動も、当然のごとく達郎さんのほうを優先させます。なので、夫と一緒に目立つよりも、ヒッソリとバックで歌うぐらいの“内助の功”が、彼女らしさなんです」(音楽業界関係者)

 そうはいってもレコード会社だって、今回のアルバムは竹内の歌手デビュー40周年を記念したベスト盤、何か“仕掛け”が欲しいところ。

「4320円のCDにまりやさんの直筆サイン色紙をセットにして、達郎さんのNHKホールのコンサートで販売したら、2日間で2500枚以上が売れました。まりやさんは本当に自分の手で、仕事の合間を使って何日もかけて、合計5000枚のサイン色紙を書き上げてくれたんです」(前出・レコード会社関係者)

 CDは発売1週間で16万枚の出荷を記録。順調に売れているので周囲もひと安心。

「これまでも数年に1枚のアルバム発売ペースですが、80歳を過ぎても新しい音楽に挑戦している加山雄三さんを尊敬している彼女のことですから、次のプランもあるのかもしれません」(前出・音楽業界関係者)

 マイペースだからこそ、夫への気遣いをしつつ自分らしさも出せるのだろう。

最終更新:9/17(火) 21:00
週刊女性PRIME

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事