ここから本文です

「生きづらさを感じるあなたへ」吉本ばななとの対話【一問一答】

9/17(火) 14:30配信

webマガジン mi-mollet

吉本ばななさんと平良アイリーンさんによる『ウニヒピリのおしゃべり ほんとうの自分を生きるってどんなこと?』(講談社)が8月に刊行されました。それに先立ち開催された講演会には、吉本さんとアイリーンさん、そしてアイリーンさんのお母様で、SITHホ・オポノポノアジア事務局代表の平良ベティーさんが出席。前後編でお届けしているレポートの後編では、大きな会場を満席にした来場者たちからの質問とその回答から、自分らしく生きるヒントを拾っていきます。

 

【SITHホ・オポノポノとは】
ネイティブハワイアンの伝統的な問題解決法「ホ・オポノポノ」。これを、ハワイ伝統医療のスペシャリストで「ハワイの人間州宝」(1983)故モーナ・ナラマク・シメオナ女史が現代社会で活用できるようにアレンジしたのが「セルフ アイデンティティ スルー ホ・オポノポノ(SITH)」です。平良ベティーさん(写真左)は、SITHホ・オポノポノ・アジア事務局代表、 平良アイリーンさん(写真右)は、広報担当を務めています。

ハワイに伝わる問題解決メソッド“ホ・オポノポノ”とは?

そもそも、吉本ばななさん、平良母娘の三人が実践している“ホ・オポノポノ”や、本のタイトル『ウニヒピリのおしゃべり』にある“ウニヒピリ”とは、何なのでしょうか。 “ホ・オポノポノ”とは、ハワイ語で「過ちを正す」ことを意味します。古代からハワイに伝わる問題解決法で、主な実践方法は、溜め込んだ記憶を消去“クリーニング”すること。その鍵を握っているのが、“ウニヒピリ”=インナーチャイルド(内なる子供)です。

「“ウニヒピリ”の声を聞き、自分をないがしろにせず大切に扱い、クリーニングを実践していくことで、不必要な記憶は消去され、『ほんとうの自分』を取り戻し、あなたのリズムとペースで、あなたにしかない才能を発揮して生きていくことができます」(p25-26)と本にはあります。会場の方々からの質問に対する、吉本さんやベティーさんの答えには、より豊かな人生を送るためのヒントに溢れ、ホ・オポノポノを実践してみたくなります。

Q “心の声を聞く”というのは、どういうことなのでしょうか。

平良ベティーさん(以下、ベティー) 自分がしたいことをしてあげると、ウニヒピリ(=インナーチャイルド)との間に信頼関係が生まれ、傷つきたくないから誰にも言わないできた本音がどんどん出てきます。今日、あなたがここに来たこともそう。自分がしたいと思ったことを、その声に信頼を置き、できることから始めてください。

吉本ばななさん(以下、吉本) 私の場合、カラダに出てきます。たとえば、面白くない映画を観て、寝てしまうとか(笑)。でも、面白すぎて寝てしまうこともあるんです。その違いは、自分の中ではすごくハッキリしているんです。退屈だからなのか、面白くて気持ちがよかったからなのか、単に疲れていたのか。まずは、ハッキリしていることに気づくこと。繰り返し聞いてあげて、「本当はこう思っていた」という気づきを積み重ねていくと、ウニヒピリの声が聞こえてくると思います。

Q 自己肯定することがすごく難しいです。ウニヒピリと対話することは、自己肯定が繋がっていくのでしょうか。

ベティー 私は、自分を無視しながら生きてきたので、ホ・オポノポノを知ってから4年くらいは、(記憶を消去するクリーニングを代表する)4つの言葉、「ありがとう」「ごめんなさい」「許してください」「愛しています」のうち、「ごめんなさい」「許してください」だけをずっと言っていました。そうしていくうちに、ウニヒピリがいるんだとしっくりくる瞬間があったんですね。自分を肯定できない、信じられない感覚に向けて、「ごめんね」と言ってあげてください。そうすると、ある日、雲が晴れるのではないでしょうか。

吉本 クリーニングを始めて3年くらい経つまでは、原因と結果を直結させて考えがちでした。結果が出なくても、続けてみてください。 “適当”でいいです。すごく不思議ですが、適当にやればやるほど、なんだか見えてきたぞとなってきますから。そうすると、どんどんウニヒピリと仲良くなり、阿吽の呼吸で対話できるようになります。その日が必ず来るので、楽しみにしていてください。

Q 恋愛に執着してしまうところがあります。自分の中の子どものウニヒピリは「彼と離れたくない」と言います。大人の自分としては子どもにあきらめてほしいのに、折り合えません。

ベティー ウニヒピリはあなたの感情そのもの。ウニヒピリの声は、彼ではなく、あなた自身を愛してくれている声なんです。「彼が恋しい、寂しい、私のものになって」といった思いは、子どものウニヒピリがお母さんであるあなたに「こっちを見て、愛して」という訴え。そう捉えてクリーニングしていくと、自分を求めている子がいる安心感や、愛しい自分をありがたく感じられると思います。

吉本 聞いていて思ったのは、もしかして大人と子どもが逆なのでは? 彼が好きでなんとかしたいと思っているのは大人のほうで、子どものほうが「やめておいたら」と言っている。そう考えると、「しょうがないよね、恋愛だから」とラクになるような気がしました。子どもの言うことを聞いたからこうなってしまったと責めるよりも、そう考えたほうが、ちょっとだけ扉が開くと思います。

Q 最近、お二人が嬉しかったり、いいと思ったことは?

吉本 NETFLIXの『DEVILMAN crybaby』(※永井豪原作漫画「デビルマン」のアニメ化作品)。描かれているのは、けっして明るい世界ではないのですが、10話一気見したら、私もまだまだやれると思って、本当に感動しました。それと、2ちゃんねる! どちらかと言うと苦手で、読んでるだけで嫌だなと思ってたんですが、2ちゃんねるに書き込んでいる人達が、急に優しくなる瞬間ってあるんです(笑)。この間は、モスバーガーのハンバーガーのソースが残ってもったいないから、誰か食べ方を教えてくれというスレッドがあって。「俺の地方ではこうやるんだが~」って書いてあるんだけど、その人はあまり説明が上手くないんです。みんながわかってくれないから、しばらくモスバーガーは食べないって拗ねてしまったら、「大丈夫だよ!」ってみんな励まし始めて。荒れた世界に優しい空気が生まれて、感動しました(笑)。

ベティー 私も『DEVILMAN crybaby』を観たいです(笑)。私にとっては、二人の孫の存在が大きいですね。彼らは、興味を持ったものを純粋に見ているんです。孫たちの視線を追いかけ、彼らのように好奇心を持って物事を見てみると、見えなかったものが見えたりすることに感動します。

Q 『ウニヒピリのおしゃべり』に収録されている短編小説で、主人公がかばんにウニヒピリが安心するアイテムを入れています。そうしたアイテムは、みなさんお持ちですか?

吉本 どうしても持っていなければいけない、実用的なものってありますよね。充電器とか、持ちたいと思わないデザインのものと、かわいいと思うものを一緒に持ち歩いたり、きれいなポーチに入れたりすることはあります。私がかわいいと思うものは、たとえば、銀杏とか(笑)。今日、持っているカバンについているストラップもそう。カバンより重いんですけど、重さを考えずにつけてみる。そういう気持ちの遊びを持っていると、毎日ちょっとずつ違ってきますね。心が癒されるというよりは、そういう“遊び心”を心は欲しがっているのだと思います。

ベティー 今、ミニマリストになろうとしているので、モノそのではなく、色で遊ぶようにしています。グリーンを見るとウニヒピリがすごく喜ぶような気がするので、グリーンの腕時計をしたり、ワクワクする色を選んでいます。

1/2ページ

最終更新:9/17(火) 14:30
webマガジン mi-mollet

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事