ここから本文です

歴史ある炎が舞う奇祭 大分県国東市で「ケベス祭」開催

9/17(火) 16:25配信

ウォーカープラス

大分県内の数少ない火祭りで、国の選択無形民俗文化財に選定されている「ケベス祭」が、10月14日(月)に大分県国東市の櫛来社(岩倉社)で開催される。

【写真を見る】「トウバ」と呼ばれる当番の氏子と「ケベス」が火を巡って争う

「ケベス祭」は、「トウバ」と呼ばれる当番の氏子と、奇妙な木の面をかぶった「ケベス」が、岩倉社の境内で火を巡って争う伝統行事。境内に設けられた燃え盛るシダの山に、木で作られた棒を持ってケベスが突入するのを、近くの海で禊ぎをしたトウバが阻止するという起源や由来が不明とされる謎の奇祭だ。

祭りが最高潮を迎えると、両者とも火のついたシダを持って走り回り、観覧している観客を追いかけ始める。火のついたシダから飛び散る火の粉をかぶると、無病息災が叶うという言い伝えがあると言われている。火の粉が燃え移る可能性があるので、化学繊維の衣服の着用は注意が必要。

大量のシダが激しく燃え上がり、無病息災が叶うという火の粉を求めて「ケベス祭」に参加しよう。(東京ウォーカー(全国版)・ウォーカープラス編集部)

最終更新:9/17(火) 16:25
ウォーカープラス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事