ここから本文です

広瀬すず、戸田恵梨香の手作りプレゼントに「大切にします」“朝ドラ”ヒロインがバトンタッチ

9/17(火) 14:16配信

ザテレビジョン

「連続テレビ小説」(毎週月~土朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)の“バトンタッチセレモニー”が9月17日に大阪・中央区のNHK大阪放送局で行われ、物語が佳境に入った「なつぞら」のヒロイン・広瀬すずと、9月30日(月)スタートの「スカーレット」のヒロイン・戸田恵梨香が登場した。

【写真を見る】戸田恵梨香の手作りマグカップに広瀬すず感激!

戸田は、8月20日にクランクアップを迎えた広瀬に「お疲れ様でした。私は撮影が始まって半年くらいたったところなのですが、広瀬さん、ヒロインとして本当に大変だっただろうなということが想像できました。本当に長い間お疲れ様でした、ゆっくり休んでください」とねぎらいの言葉を。

一方、広瀬は「長い撮影期間の中で、私でもわりと大丈夫だったので、戸田さんもきっと大丈夫と思う部分もあるんですが(笑)。前回のバトンタッチのときに、『まんぷく』ヒロインの安藤サクラさんから『ヒロインにしか分からない気持ちがある』と言われて、それは私も痛感したので、戸田さんにも吐き出せる場所があったらいいなと思います。

私は共演者の方々が一番だったので、皆さんが支えてくださると思います。ずっと演じるって難しいことだと思うので、ぜひ頑張ってください。オンエアを楽しみにしています」と激励した。

■ 戸田恵梨香「『なつぞら』の世界に喜美子が入れたと思うと、感極まります」

互いにドラマにちなんだプレゼントを渡す場面では、広瀬から「なつぞら」でアニメ製作・指導を担当しており、タイトルバックなどを手掛けた刈谷仁美氏が描いた、世界に一枚しかないという“陶芸に打ち込む喜美子”のオリジナル人物画が戸田に手渡された。

受け取った戸田は「本当にうれしいです。あたたかな『なつぞら』の世界に喜美子が入れたと思うと、感極まります。ありがとうございます」と大喜び。

また広瀬には、クランクインの約3カ月前から陶芸稽古を始め、吹き替えなしで作陶シーンを演じられるほど上達したという戸田が手作りした“信楽焼のマグカップ”が手渡された。

これには長丁場の撮影を終えた広瀬に「疲れを癒やしてほしい」という思いが込められているそうで、受け取った広瀬は「すごくうれしいです。撮影がある中でお忙しいのに。大切にします」と笑顔を見せた。(ザテレビジョン)

最終更新:9/17(火) 14:16
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事