ここから本文です

T-BOLAN森友嵐士「愛してる人と全員と会いたい」

9/17(火) 18:00配信

ザテレビジョン

4人組ロックバンドのT-BOLANが、9月16日、東京・Zepp DiverCityで「T-BOLAN LIVE HEAVEN 2019 夏の終わりに『Love Songs』~Acoustic Live Tour~」のファイナル公演を行った。

【写真を見る】初めてカバー曲も披露したボーカルの森友嵐士

6月までの全国ツアー「30th Anniversary LIVE『the Best』~励~」のロックバンドスタイルのライブとは打って変わって、今回行ったのはアコースティックライブ。

90年代に発売したアコースティックアルバム『夏の終わりに』をヒントに、2017年にライブとしたところ好評を得て、今年も開催されることになった。

ボーカルの森友嵐士は「1年かけて全国ツアーを回って、久しぶりに座ってゆっくり楽しみたいと企画しました。夜中のラジオ番組みたいな感じだね」と、9月5日の広島公演、同6日の大阪公演とファンを魅了してきた。

バックに大樹をイメージしたオブジェが据えられたステージに4人が登場すると、中央に置かれた椅子に森友がゆっくりと腰掛ける。1冊の本を手にして朗読するのは、米女性歌手ベッド・ミドラーが歌う「The rose」の訳詞。愛についての詞を読み上げて、ライブをスタートさせた。

森友が「静かなだけでないので、乗るときは乗ってね」と呼びかけながら、ヒット曲「マリア」「じれったい愛」などを、普段とはアレンジを変えて次々と披露。「No.1 Girl」では、制作当時にプロデューサーから「映画『プリティ・ウーマン』の主題歌みたいにパーッと華やかな感じの曲が欲しい」と言われたエピソードをヒントに、イントロを印象的な同曲に変えるなど、ファンを楽しませた。

さらに、T-BOLANのライブでは初めてカバー曲も披露。

森友が映画「君の名は。」を鑑賞した際に印象的だったという、劇中主人公の祖母が語る「結びの言葉」を朗読し、その言葉からインスピレーションを得たという中島みゆきの「糸」をしっとりと歌い上げ、会場には温かい空気が流れた。

他にも今回のライブでは、朗読だけでなく、さまざまな演出を取り入れた。

毎公演前に、森友がSNSでファンに「1曲目に歌う曲は何か?」とクイズを出題。東京公演の1曲目は「おさえきれないこの気持ち」。当たったファンが挙手をすると、森友がステージを降りて、ハイタッチしながら会場を練り歩き、ファン3人に“ハグ”をプレゼントした。

中盤には、タイトルの「Love Songs」にちなんで、メンバーがそれぞれ愛するモノに対して、ラブレターをしたため、事前にレコーディング。

ギター五味孝氏は、愛犬に「いつの頃からか、忘れてしまっていたこの気持ち。ささいなことでもうれしくなる。何でも許してしまいそうな優しい気持ち。今は夏の終わりだけれど、君への愛は終わらない。ありがとう、ファンカくん」と語った。

ベース上野博文はファンに「随分、心配ばかりかけてごめんな。もう会えないかもしれない…そんな気持ちに何度も、何度も胸を締め付けられたよ。いつも君の笑顔が、君の励ましの言葉が、俺に力をくれた。これからもずっと、俺の挑戦を見守っていてほしい。左の腕にロックンロールスター。T-BOLANを愛してくれる、すべてのみんなへ。愛してるよ」と。

そして、ドラム青木和義は「いつもたたいてばかりでごめんね。優しくいたっちゃうスタイルじゃ、俺じゃないんだよな。でもその音は、最高の笑顔にしてくれる。死ぬまで付き合ってくれ、俺のドラム…愛してるぜ」と普段は明かさない思いに、会場からも大きな拍手が送られた。

アンコールでは、代表曲「離したくはない」「My life is My way」をファンと一緒に大合唱。

T-BOLANは年末から年明けにかけてディナーショーを行い、来年2月からは30周年ライブツアーをさらに続け、全国を回る予定(詳細は後日ホームページ等で発表)。

森友は「人生の折り返しを迎えて、これからのことを考えた時に、会いたいと思った時に会いたいと思った。僕らも、たくさんの人に(活動が)届くように発信してるんだけど、まだ気付かれていない。

でも近くに行けば、ポスターとか貼られて、ライブがあるって響くと思う。全国できる限り回れば、みんなに会えるじゃん?愛してる人と全員と会いたい」と思いを述べた。

そして「こんなにすてきな夜を迎えることができました。いい拍手をくれて、最高の一夜を過ごさせていただきました。どうもありがとう」と結んで、2年ぶりのアコースティックライブを締めくくった。(ザテレビジョン)

最終更新:9/17(火) 18:00
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事