ここから本文です

中井貴一、佐藤浩市との共演に「縁を感じる」

9/17(火) 20:03配信

ザテレビジョン

ゲストの3人が自由気ままにトークする「ボクらの時代」(フジテレビ系)。9月15日の放送回に、引き続き三谷幸喜監督、佐藤浩市、中井貴一が登場。中井が、映画「君の名は」(1953年)などで知られる父・佐田啓二にまつわる秘話を明かす場面があった。

【写真を見る】「役者として居ずまいが違う」と中井貴一を絶賛した佐藤浩市

三谷が脚本・監督を手掛ける公開中の映画「記憶にございません!」で共演する中井と佐藤だが、実は若い頃から互いに意識しながら、40歳にして初共演を果たしたという。

中井は、映画「セーラー服と機関銃」や「台風クラブ」の相米慎二監督から、「お前と浩市は合うと思うんだよ」と言われ、実際に共演してみて「監督の言う通りだと思った」と明かした。佐藤も、中井について「役者として、居ずまいが全く違う」と意識していたという。

中井は佐藤について「キャスティングで被ることがない。だから、俺もああいうのやってみたい、と思うことがある」と続け、佐藤も「役者って、嫉妬や羨望を抱えていることが大事」と共感した。

さらに中井は、ある時、緒形拳から「お前のお父さん好きだったんだよね」と告げられたときのエピソードを披露。

緒形が、佐藤の父である三國連太郎に「もう一度共演したい俳優」について聞いた際、中井の父である佐田の名前が出たという。中井はそんな父親同士の共演を経て、あらためて佐藤と共演することに「縁を感じる」と感慨深げに語った。

次回の「ボクらの時代」は9月22日(日)放送、小栗旬、沢尻エリカ、蜷川実花が出演する予定。(ザテレビジョン)

最終更新:9/17(火) 20:03
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事