ここから本文です

腕掴み激怒、同僚仲裁…ポルト監督と日本代表MF中島翔哉の「緊張の瞬間」が反響拡大

9/17(火) 6:01配信

Football ZONE web

古巣ポルティモネンセ戦で途中出場の中島、試合後にコンセイソン監督が駆け寄って激怒

 ポルトガル1部ポルトの日本代表MF中島翔哉は、現地時間15日の第5節ポルティモネンセ戦で後半28分から途中出場。後半アディショナルタイムに決勝弾が生まれ、チームは3-2で勝利したなか、試合直後に指揮官が猛然と中島に駆け寄って激怒し、チームメートが仲裁に入る珍事が起きた。海外メディアも「緊張の瞬間」と取り上げている。

【画像】ポルト監督、日本代表MF中島翔哉に激怒! 試合直後に腕を掴み、激しい口調で叱責…同僚仲裁の決定的シーン

 9月の日本代表戦2試合にスタメン起用された中島は、ポルトが2-0とリードして迎えた後半28分から途中出場した。ところが中島投入の直後に流れが一変し、同29分に1点を返されると、同32分に日本代表DF安西幸輝に被弾。2-2に追いつかれるも、後半アディショナルタイムにCKからスペイン人DFイバン・マルカノが値千金の決勝ゴールを決めて、ポルトが辛うじて3-2で勝利を手にした。

 歓喜に沸いたポルトイレブンだが、驚くべきワンシーンに注目が集まっている。ポルトのセルジオ・コンセイソン監督が中島の元へ駆け寄ると、腕をつかんで振り向かせ、激しい口調で何やら言葉を浴びせかけながら激怒。一瞬、中島は驚いた様子を見せながら俯き、指揮官のあまりの形相に同僚のブラジル人MFオタヴィオが仲裁に入っている。

 ポルトガルメディア「Maisfutebol」は、「FCポルト:コンセイソン監督が中島に怒り」と見出しを打って記事を展開。「当初、監督は日本人に挨拶したが、その後彼を追いかけ、腕をつかんで激しく話しかけた。オタヴィオとコロナが中島と監督の仲裁に入った。勝利後の緊張の瞬間だ」と描写した。ポルトガル紙「O JOGO」も「ポルトの監督は中島に苛立った」と伝えている。

 試合を優勢に進めながらも一度追いつかれた展開に不満を示し、中島のパフォーマンスにも満足がいかなかったと見られるコンセイソン監督。果たして、今回の一件は次節以降の起用にどのような影響を及ぼすのだろうか。

Football ZONE web編集部

最終更新:9/28(土) 13:40
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事