ここから本文です

オランダ1部で心温まる光景…圧巻の“ぬいぐるみシャワー”に反響 「ただただ美しい」

9/17(火) 17:15配信

Football ZONE web

闘病中の子供たちに向けて、ADOサポーターから無数のぬいぐるみが降り注ぐ

 オランダ1部エールディビジで、サポーターによる心温まるエピソードが生まれた。リーグ第6節フェイエノールト対ADOデンハーグの一戦で、観戦に訪れた入院中の子供たちに素敵な“プレゼント”が送られたのだ。

【動画】「ただただ美しい」「心温まる光景」と反響 オランダ1部ADOサポーターが見せた“ぬいぐるみシャワー”の一部始終

 プレゼントの送り主となったのは、敵地を訪れたADOのサポーターグループだ。前半12分を迎えるあたりで、2階スタンドに陣取るADOサポーターたちから、無数のぬいぐるみが雨あられと降り注いだ。地元ロッテルダムの「ソフィア子供病院」から訪れ、1階で観戦していた患者の子供たちに向けられたものだった。この“ぬいぐるみシャワー”は約1分間にわたって続き、ホームサポーターからは万雷の拍手が送られている。

 オランダのテレビ局「RTL」が伝えるところによると、ADOサポーターは3年前にも同様のアクションを起こしているという。発起人となったのは、サポーターグループの代表であるジャコ・ファン・ルーウェン氏。「3000個以上のぬいぐるみがあった」と語り、さらにその多くが新品だったことも明かした。団体に対して寄付があり、新品を購入することができたとのことだ。なお、12分を目安にアクションを起こしたのは、サポーターが12人目の選手であるということの象徴でもあると、ルーウェン氏は語っている。

 この“ぬいぐるみシャワー”の様子を米スポーツ専門局「ESPN」公式ツイッターは動画で公開。返信欄には「子供たちにとってなんて素晴らしい日なんだ」「ただただ美しい」「どれだけ幸せな出来事だっただろう」「心温まる光景」「人としてのあるべき姿」「幸せの雨だ」「これぞフットボールの力」と反響が寄せられている。

 試合はフェイエノールトが3-2の勝利を収めたが、ADOサポーターが見せた振る舞いに世界中から称賛が集まる一戦となった。

Football ZONE web編集部

最終更新:9/17(火) 17:15
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事