ここから本文です

イタリア王者ユベントス、マンUでくすぶるセルビア代表MFマティッチに触手か

9/17(火) 14:15配信

Football ZONE web

来夏のフリートランスファーに向けて来年1月にも仮契約か

 イタリア王者のユベントスが、マンチェスター・ユナイテッドのセルビア代表MFネマニャ・マティッチ獲得に動く可能性があるようだ。英紙「デイリー・ミラー」は、ユベントスが来年1月の移籍市場での獲得に動き出したことを報じている。

 マティッチは14日に行われたプレミアリーグ第5節のレスター戦で先発出場し、1-0の勝利に貢献した。しかし、オレ・グンナー・スールシャール監督は、フランス代表MFポール・ポグバとスコットランド代表MFスコット・マクトミネイの起用を優先。そのため、今季の初先発だったマティッチは、出場時間が限られていることに不満を募らせているという。

 代表活動期間によって生じた中断期間、マティッチが現状に対する不満を明らかにしたことで、来年1月、もしくは来夏の移籍を模索していると考えられるようになった。

 これに反応したのがユベントスだ。今夏にはポグバの再獲得も報じられたイタリア王者は、来夏にユナイテッドとの契約が満了を迎えるMFと、来年1月にも仮契約を結ぶ可能性があるという。

 今季もウェールズ代表MFアーロン・ラムジー、フランス代表MFアドリアン・ラビオといった選手たちを移籍金ゼロで獲得したユベントスは、来季も有力選手の獲得を目指しているとされる。マティッチ以外にも、コートジボワール代表DFエリック・バイリー、シティに在籍するスペイン代表MFダビド・シルバ、トットナムのデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンも、そのリストに載っているという。

 スールシャール監督との関係について問われたマティッチは、定位置奪還に向けた思いを語っている。

「できる限りの努力を続け、彼が間違っていたことを証明するしかない。それは自分次第だし、自分が本来いるべき場所を取り戻したい。関係については問題ない。彼には賛成できないと伝えたが、彼はチームのために決断をしないといけないからね」

 マティッチについて、ユナイテッドは1年の契約延長のオプションを持っている。来年1月までの間に、マティッチは自身の居場所を見出せるのか。新天地を求めることになるか。

Football ZONE web編集部

最終更新:9/17(火) 14:15
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事