ここから本文です

監督激怒を呼んだ中島翔哉、ポルトOBが途中出場の働きを酷評 「助けにならなかった」

9/17(火) 12:10配信

Football ZONE web

元ポルトガル代表GKアマラル氏は、怒りを示したコンセイソン監督の感情に同調

 ポルトガル1部ポルトの日本代表MF中島翔哉は、現地時間15日の第5節ポルティモネンセ戦(3-2)で後半28分から途中出場したなか、試合後に指揮官から激怒され、チームメートが仲裁に入る模様が地元メディアで大きく取り上げられている。ポルトOBで現在はコメンテーターを務める元ポルトガル代表GKも「チームの助けにならなかった」と酷評している。

【画像】ポルト監督、日本代表MF中島翔哉に激怒! 試合直後に腕を掴み、激しい口調で叱責…同僚仲裁の決定的シーン

 9月の日本代表戦2試合にスタメン出場した中島は、ポルトが2-0とリードして迎えた後半28分から途中出場。ところが中島投入の直後に流れが一変し、同29分に1点を返されると、同32分に日本代表DF安西幸輝に被弾して2-2に追いつかれる。後半アディショナルタイム、CKからスペイン人DFイバン・マルカノが値千金の決勝ゴールを決めて、ポルトが辛うじて3-2で勝利を手にした。

 歓喜に沸いたポルトイレブンだが、驚くべきワンシーンに注目が集まった。ポルトのセルジオ・コンセイソン監督が中島の元へ駆け寄ると、腕をつかんで振り向かせ、激しい口調で何やら言葉を浴びせかけながら激怒。一瞬、中島は驚いた様子を見せながら俯き、指揮官のあまりの形相に同僚のブラジル人MFオタヴィオと、メキシコ代表FWヘスス・マヌエル・コロナが仲裁に入ったのだ。

 ポルトガルメディア「maisfutebol」が「FCポルト:コンセイソン監督が中島に怒り」と見出しを打ち、「勝利後の緊張の瞬間だ」と描写していたが、ポルトガル紙「レコルド」も「彼は腕を引っ張って叫んだ。セルジオ・コンセイソンと中島の間で気性が激しくなる」と伝えた。

 また「レコルド」紙は、ポルトOBで監督経験もあり、現在はポルトガル放送局「CMTV」のコメンテーターを務める元ポルトガル代表GKアントニオ・アマラル氏の分析に着目。同氏は「中島? 彼はチームの助けにはならなかった」と酷評している。

 守備に規律を求めることで知られるコンセイソン監督。試合を優勢に進めながらも一度追いつかれた展開に不満を示し、中島のパフォーマンスにも満足がいかなかったと見られるが、次節以降の起用に影響を及ぼすことになるのだろうか。

Football ZONE web編集部

最終更新:9/17(火) 13:18
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事