ここから本文です

浦和、ACL準々決勝のスタメン発表! ベスト4懸けて上海上港とホームで激突

9/17(火) 18:44配信

Football ZONE web

出場停止のマウリシオに代わって鈴木大輔が3バックの中央へ

 浦和レッズが2年ぶり3回目のアジア制覇へ向けて4強進出を狙うAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の準々決勝第2戦、上海上港(中国)戦のスタメンが発表された。

【一覧】AFCチャンピオンズリーグ2019(東地区)「日程&結果」

 敵地での第1戦で2-2の引き分けとした浦和は、この試合で勝利もしくは1-1以下の引き分けでも突破が決まる。2-2で90分を終えると延長戦、PK戦にもつれこみ、敗戦と3-3以上の引き分けの場合は敗退となる。

 浦和は不動のGK西川周作の前に3バックはDF岩波拓也、DF鈴木大輔、DF槙野智章が並ぶ。この試合はDFマウリシオが累積警告により出場停止のため、鈴木には3バックの中央での守備に期待が掛かる。ボランチはMF青木拓矢とMFエヴェルトンのコンビで、ウイングバックは右にMF橋岡大樹で左にMF関根貴大。前線はFW興梠慎三の1トップに2シャドーがFWファブリシオとMF長澤和輝になると予想される。

 一方の上海上港は第1戦でPKによる2ゴールを決めたエース、元ブラジル代表FWフッキが累積警告により出場停止。さらに、中盤のキーマンであるウズベキスタン代表MFオディル・アフメドフもリーグ戦で負傷しこの試合の登録メンバーから外れた。前線のオーストリア代表FWマルコ・アルナウトビッチと、元ブラジル代表MFオスカルをいかにして抑えるかは浦和のポイントになりそうだ。

 初戦でチームの2点目をマークした興梠はACL日本人最多得点の24ゴールを更新中。相手の外国人コンビを抑え込んだうえでエースの一撃を決め、勝利で準決勝への切符を手にしたいところだ。

 浦和のメンバーは以下のとおり。

▼スタメン

GK
西川周作

DF
岩波拓也
鈴木大輔
槙野智章

MF
橋岡大樹
青木拓矢
エヴェルトン
関根貴大
長澤和輝

FW
ファブリシオ
興梠慎三

▼ベンチ

GK
福島春樹

DF
宇賀神友弥

MF
阿部勇樹
荻原拓也
柴戸海

FW
武藤雄樹
杉本健勇

Football ZONE web編集部

最終更新:9/17(火) 18:44
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事