ここから本文です

久保建英、マジョルカ本拠地に巻き起こした熱狂 地元記者も賛辞「クオリティーの高さ証明」

9/17(火) 19:25配信

Football ZONE web

【スペイン発コラム】日本代表から合流後のビルバオ戦でホームデビュー、PK奪取のドリブルで輝き

 日本代表MF久保建英が、ついにスペインでもその才能の一端を発揮し、一夜にしてマジョルカサポーターのハートを完全に鷲掴みにした。

【動画】「世界に足を踏み入れた」と海外メディア称賛…マジョルカ久保が“魔法のドリブル”でPK奪取

 久保は9月の代表2連戦、5日の国際親善試合パラグアイ戦 (2-0)、10日のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選ミャンマー戦 (2-0) でともに途中出場。右サイドで存在感を示してマジョルカに戻ってきた。しかし、13日にホームで行われたリーガ・エスパニョーラ第4節アスレティック・ビルバオ戦前に参加できた練習はわずか1回だったため、その試合のメンバー入りを疑問視する声が様々なメディアで伝えられた。

 実際、ビクトル・モレーノ監督も試合前日の記者会見で、「彼に代表戦がどうだったかを尋ねると、『すぐに別の遠征にも行くことができる』と言っていたよ。久保は試合出場に向けて若さと意欲でその疲労を補っている。そして何も起こらなければ起用することが可能であるし、他の選手同様、招集メンバーに入るチャンスもあるだろう。しかし彼は他の選手に比べてチームでの練習が不足しているため、招集メンバー入りは他の選手よりも難しいかもしれない」と語っていた。

 だが試合開始の1時間前に発表された招集メンバーには久保の名前がしっかりと記載され、マジョルカデビューを飾った前節バレンシア戦(0-2)同様、ベンチスタートとなった。

 午前中に大雨が降った後の曇り空のなか、リーグ戦2連敗中のマジョルカは2位のビルバオ相手にホームで拮抗した戦いを演じ、スコアが動かないまま前半を終了。久保は後半開始直後からウォーミングアップを開始。そして交代に向けピッチ脇に立つと、スタジアム中から「KUBO」コールが巻き起こり、後半18分、大きな拍手を受けながら本拠地ソン・モイセスのピッチに初めて立ち、ホームデビューを飾った。久保のユニフォームや日本代表のユニフォームを身にまとい、日本の旗を振るサポーターたちにとって待望の瞬間が訪れた。久保はそのことについて試合後、「とても嬉しかったし、交代した時のファンの歓迎に感謝している」と振り返っている。

1/3ページ

最終更新:9/17(火) 19:25
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事