ここから本文です

山本昌が絶賛する夏の甲子園出場 10投手。将来性と課題をリアル解説

9/17(火) 6:17配信

webスポルティーバ

50歳まで投手として現役生活を送った「生ける伝説」山本昌氏(元中日)。現在は評論家として活動する山本昌氏は、その慧眼で数々の好素材の秘めた資質を言い当ててきた。今夏の甲子園に出場した投手のなかから、山本昌氏が好素材と太鼓判を押した10投手の魅力と課題を掘り下げていきたい。

歴史的不作にスカウトはガックリ。スピード、パワー偏重の野球に喝!

奥川恭伸(おくがわ・やすのぶ/星稜3年/183cm84kg/右投右打)

問答無用にすばらしい選手です。ここまで完成度が高いピッチャーは久しぶりで、甲子園出場投手のなかでは別格でした。何がすばらしいかと言うと、コントロールのつきやすい投げ方をしていること。体がホーム方向へ真っすぐに移動できて、広い幅を使わずに腕を振れるので、自然とストライクゾーンに行く投げ方になっています。スライダー、フォークなどの変化球もいいし、ピッチングセンスもある。プロでも早い段階で通用するでしょう。それでいて伸びしろも十分にあるので、体も強くなるはず。「○年に一人の逸材」というフレーズは毎年のように使われますが、奥川くんは紛れもない逸材です。

前佑囲斗(まえ・ゆいと/津田学園3年/182cm87kg/右投右打)

今春のセンバツでも好投した投手ですが、体格的に恵まれて将来性のあるすばらしい素材だと感じます。惜しいのは、軸足(右足)で立ったあと、すぐに右ヒザを折って体重移動をすること。ボールが高めに浮く原因はここでしょうし、せっかくの長身なのにボールに角度がつきにくい投げ方です。とはいえ、これから大人になるにつれ体ができてくれば、軸足でしっかり立って真っすぐ自然にホーム方向へ体重移動できるようになるはずです。角度が使えるようになれば、大化けする可能性があります。

鈴木寛人(すずき・ひろと/霞ケ浦3年/186cm79kg/右投右打)

ドラフト候補としての評判は聞いていました。近年の霞ケ浦は遠藤淳志くん(広島)といい、好投手を次々に輩出していますね。甲子園では優勝チームの履正社打線に打ち込まれましたが、素材のよさは十分に伝わりました。上背を生かした角度があって、ボールも速い。私の好きなタイプのピッチャーです。少し気になるのは、テイクバックをとる際に右肩の位置が少し下がって担ぐような形になるところ。両肩が水平な状態で体重移動したほうが、腕をもっとしなやかに使えてボールのキレが増すはずです。

1/3ページ

最終更新:9/17(火) 6:17
webスポルティーバ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事