ここから本文です

山本昌が絶賛する夏の甲子園出場 10投手。将来性と課題をリアル解説

9/17(火) 6:17配信

webスポルティーバ

飯塚脩人(いいずか・しゅうと/習志野3年/181cm78kg/右投右打)

春のセンバツで準優勝に導いたエースだけあって、夏の甲子園も力があるところを見せてくれました。飯塚くんの長所はスピードガンの数字以上のキレを感じること。フォームにしなやかさがあって、ただでさえ球速があるのにさらに速く見えます。大きな課題はありませんが、強いて言えばホーム方向に真っすぐ力を向けられるとなおよくなるでしょうね。腕の回りがスムーズになって、コントロールもより安定するはずです。大学進学希望と聞いていますが、実戦で早く出てこられる投手でしょう。

池田陽佑(いけだ・ようすけ/智弁和歌山3年/183cm84kg/右投右打)

春から夏にかけて大きく成長したピッチャーだと聞きましたが、たしかに体に強さがある好素材ですね。上背があって、ボールが重そうで、スピードも150キロまで出る。高校3年生としては上々だと感じます。今後の課題としては、左肩の開きが少し早いことと、全体的に体の使い方が硬いこと。今後改善できれば、高校以上のレベルでも十分通用する投手になれるはずです。

赤塚健利(あかつか・けんと/中京学院大中京3年/193cm103kg/右投右打)

初めて見る投手でしたが、まず身長193センチ、体重103キロの体に圧倒されました。強くリリースできたボールは、高校野球でなかなかお目にかかれないレベルだと感じました。1球ごとにスピードガンの数字がバラけるのは気になりますが、体重移動の距離が短く、フォームが安定しないからではないでしょうか。今はその場で投げている印象なので、もう少し前でリリースできるといいですね。そうすれば体をもっとゆったり使えて、伸びのある球が投げられるはず。まだ粗削りで素材としての評価になりますが、上のレベルで見たい投手です。

中森俊介(なかもり・しゅんすけ/明石商2年/181cm79kg/右投左打)

春夏連続甲子園ベスト4のエースですが、2年生でこれだけ投げられるのは驚きです。センターの来田涼斗くんも逸材ですし、新チームも楽しみですね。中森くんは投手として非常にセンスが高いうえに、夏は150キロを超えるスピードで将来性があることも見せてくれました。また、チェンジアップやスライダーといった変化球でも、腕の振りがストレートと変わらない点も非凡です。やや軸足が早く折れてテイクバックの時間が短く慌ただしく見えるのは気になりますが、これから体がさらにできてくれば改善できるはずです。今まで以上に前へ体重移動できるようになって、もっとゆったり腕を使えるようになるはずです。

2/3ページ

最終更新:9/17(火) 6:17
webスポルティーバ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事