ここから本文です

普通のスクランブルエッグに飽きたら、みりんを加えて和風にアレンジ

9/18(水) 10:01配信

ライフハッカー[日本版]

世界には素晴らしいオムレツがたくさんありますが、私はどれも大好きです。お肉とチーズが入ったデンバー・オムレツも、繊細で柔らかいフレンチ・オムレツも好きです。

だけど、なんといっても日本のオムレツと呼べる「卵焼き」がたまらなく好きです。

自宅で卵焼きをつくるのに必要な四角いフライパン(卵焼き器)は持っていませんが、みりんなら家にあります。

みりんを加えるだけで、普通のスクランブルエッグも「卵焼き風」になるんです。

みりんで和風スクランブルエッグに

今や卵焼きのレシピは、様々なバリエーションのものがたくさんあります。

すべてのレシピでみりんを使っているわけではありませんが、ほとんどの場合使われています。それに、私は日本酒も使えそうなレシピの場合はいつも使っています。

本みりんが手に入る場合は、本みりんを使いましょう。「Eden Foods」は、水・米・麹・塩しか使っていない、いいみりんをつくっていますよ。

必要なみりんの量は?

スクランブルエッグに適度な甘みと発酵した風味を加えるのに、大量にみりんを入れる必要はありません。

卵1個に対して、みりん小さじ半分と、ひとつまみの塩だけで十分です。すべてを一緒にかき混ぜ、普通にスクランブルエッグをつくりましょう。

スクランブルエッグのつくり方はお好みでどうぞ。

じっくりとゆるめにつくるスクランブルエッグや、手早くつくるふわふわなスクランブルエッグ、どちらでもみりんを使ったことがありますが、おいしくつくることができましたよ。

Photo: Claire Lower

Source: Eden Foods

Claire Lower - Lifehacker US[原文]

的野裕子

最終更新:9/18(水) 10:01
ライフハッカー[日本版]

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事