ここから本文です

夫婦円満の家事分担「見ざる言わざる手を出さず」で成功

9/18(水) 16:00配信

NEWS ポストセブン

 本誌・女性セブン読者で構成されるセブンズクラブ会員(全国お10~80代男女)335人にアンケートを行ったところ、家事分担ができていない夫婦は約43%にのぼった。その理由の1つに、「家事は女の仕事」という固定観念がある。しかし妻だけに家事を任せていては、妻が病気で倒れた時、家族は立ち行かなくなる。「できない」「やりたくない」ではすまされない現実が迫っているのだ。家事分担はどうしたらうまくいくのか。

 まずは、読者のリアルな声をいくつか紹介しよう。

「夫はたまに家事をすると、『したった、したった』と恩着せがましい。頭にくるので頼みたくない」(54才・女性)

「専業主婦なので、夫に家事を頼むのは申し訳ない」(43才・女性)

「先祖代々、家事は女の仕事という家柄なので」(55才・女性)

「妻のやることをなくしてはいけないと思うので」(44才・男性)

「母親が1人で家事育児をしているのを見て育ったので、女性の仕事だと思っている」(41才・女性)

「妻には自分なりのやり方があるみたいなので、手を出すと怒られます」(27才・男性)

「私がした方が早い」(42才・女性)

※セブンズクラブ会員(全国の10~80代男女)335人が回答(実施期間2019年8月8~19日)。内訳は、男性50人、女性285人。共働き世帯199人、専業主婦91人。

◆成功の鍵は「見ざる・言わざる・手を出さず」

 そもそも、家事シェアはなぜした方がいいのか。「家族が将来困らないため」と話すのは、ナチュラルライフ研究家の佐光紀子さんだ。

「私の知人に、奥さんが1人で家事を担っていた家庭があります。ところが奥さんが入院すると、家族の生活が立ち行かなくなったんです。今後こういうケースは増えるはず。家事分担の目的は、家事を等分することではありません。妻が動けなくなった時に家族が困らないようにすることだと思うんです」(佐光さん)

 それを踏まえ、何をどう分担するか話し合う際、次の点に気をつけるべきと、家事シェアのノウハウを紹介しているNPO法人「tadaima!」の三木智有さんは言う。

1/2ページ

最終更新:9/18(水) 16:00
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事