ここから本文です

“グミの酒漬け”の虜になる大人たち コロロなら白ワイン、ハリボーなら…?〈AERA〉

9/20(金) 17:00配信

AERA dot.

*  *  *
 ワインやブランデーと、たとえばチョコレートを一緒に楽しむという話は昔からよく聞いた。だが、菓子をカクテルにして提供する店もあるという。

 銀座の「ティル・ナ・ノーグ(旧店名アイアンフェアリーズ ギンザ)」では、開店当初から、わたあめカクテル、「ヘブンロンリーフロウ」を提供している。今では、客が真っ先に注文する人気カクテルだ。

 同店の上村秀一さん(46)は、ホテルなどで20年以上バーテンダーを務めた。わたあめカクテルは、アメリカ人のミクソロジスト(素材を組み合わせてオリジナルカクテルを作る人)が考案した。存在を知ったとき、上村さんは「すごい発想だな」と感じたという。

「見た目もここまでいくか、と。インスタ映えは重要な要素ですが、それだけではダメ。おいしくないとお客さまは残しますから。うちは、みなさん、最後まで飲みますよ」(上村さん)

 ヘブンロンリーフロウは、ラムにラズベリーの自家製シロップを加えて作る。ほんのりミント風味で爽やかさプラス。わたあめをまとったシャンパングラスにお酒を注ぐ。一見、ふんわり真っ白な雲がテーブルの上に浮いているよう! 客のみならず、店の女性スタッフにも好評だ。

「毎日見ているのに、お客さまに出すたびにワクワクしちゃう。作っている様子をずっと撮影している人も多い。女性のお客さまは、歓声を上げて盛り上がります」(女性スタッフ)

 かわいい見た目と裏腹に、度数は意外と高い。だが、そこにわたあめの甘さがピタリとハマる。外国人客も多いので、あえて強めの度数にしているそうだ。

「わたあめをつまみながら飲んでください」(上村さん)

 駄菓子サワーやわたあめカクテルに負けず劣らず、SNSで「絶品」「激ウマ」と話題沸騰しているのが、グミの酒漬けだ。なかでも、UHA味覚糖の「コロロ」の白ワイン漬けと、90年以上の歴史を持つ世界最大のグミメーカー「ハリボー」のグミの酒漬けが人気のもよう。

1/2ページ

最終更新:9/20(金) 17:00
AERA dot.

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事