ここから本文です

メーガン妃のウェブサイト再開の噂に対し、王室側が全否定!

9/18(水) 11:03配信

フィガロジャポン

メーガン妃が結婚前に主宰していたウェブサイト「The Tig」が、復活するのではないかという噂がファンの間で駆け巡った。メーガン妃のビジネスマネージャーが、「The Tig」の運営権を2021年まで延長する手続きを米国でとっていたことが事の発端だ。

メーガン妃、イビサ島で38歳の誕生日を祝う。

ヘルシーな食事や旅のヒントなど、ライフスタイルに関する情報を共有するためにメーガン妃がスタートした「The Tig」だが、ハリー王子との仲が深まった2017年に閉鎖している。

ちなみに「The Tig」というサイト名は、メーガン妃のお気に入りのワインの名称からとったもので、妃曰く、これまでとは異なる新しいものの考え方や発見を“Tig(ティグ)”と呼んでいるのだそう。「The Tig」の活動期間は約3年と短かったものの、メーガン妃のこだわりがよくわかるトピックスが満載だっただけに、妃のウォッチャーは再開を熱望している。

そんなサイト再開の噂について、宮殿側の対応は素早く、「Peope」に対し、真っ向から否定するコメントを出している。

「2017年に閉鎖した『The Tig』を再運営する計画は全くありません。永続的に商標権を獲得するのは、虚偽のブランド化を防ぎ、他人が公爵夫人と提携していると称するのを避けるためです」

メーガン妃に関してさまざまな報道が飛び交う昨今だけに、王室側の反応はちょっとナーバス気味。どんな情報に対しても即座に対応しようとする姿勢は、開かれた王室像を打ち出す戦略でもあるのだろうが、憶測から飛び出た情報にも振り回される始末で、ちょっと気の毒でもある。

texte: ERI ARIMOTO

最終更新:9/18(水) 11:09
フィガロジャポン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事