ここから本文です

倭(ヤマト)は国のまほろば……なぜ、人々は『万葉集』に魅かれるのか

9/18(水) 12:11配信

PHP Online 衆知(歴史街道)

幻想的な「かぎろひ」の歌

柿本人麻呂の描いた阿騎野にまつわる歌も、幻想的である。その中でも、次の一首が秀逸だ。

東(ひむがし)の 野にかぎろひの 立つ見えて かへり見すれば 月傾ぶきぬ(巻一―四八)

この歌は、珂瑠(軽)皇子(のちの文武天皇)が阿騎野(奈良県宇陀市大宇陀)に狩猟に出かけ野宿した時、明け方東の空に「かぎろひ」がたち、ふとふり返ると、西の空に月が傾いていた、という歌である。

ここにある「かぎろひ」は、日の出の直前、光の屈折によって生まれる赤紫の曙光を指している。この歌がさらに引き立つのは、二首ほど前に、次の歌が詠われているからだ。

安騎の野に 宿る旅人 うちなびき 眠いも寝らめやも 古思ふに(四六)

阿騎野に宿した人々は、寝られなかったという。それはなぜかと言えば、昔のことが懐かしくてならないからだというのである。

阿騎野は、珂瑠皇子の父・草壁皇子(日並皇子)の思い出の場所なのである。そのことは、この後に出てくる歌から判明する。

日並(ひなみし)の 皇子の尊(みこと)の 馬並めて み狩かり立たしし 時は来向かふ(四九)

草壁皇子が馬を並べて狩りをなされたその時刻が、間もなくやってくる、というのである。

ちなみに、先の「かぎろひの歌」から、阿騎野の野宿が、いつのことか、天文学的に確定されている。すなわち、日の出の直前に月が西に沈んでいったのは、持統6年(692)12月31日(旧暦11月17日)の午前5時50分だったという。これは、草壁皇子の死から3年後のことである。

即位直前、道半ばで倒れた草壁皇子の悲運を、誰もが嘆かずにはいられなかったのだろう。皇子が亡くなられて3年、その面影は、いまだ皆の心の中に焼きついたままであったに違いない。そして、かぎろひの美しさと、皇子の悲しみが、強いコントラストで映えるのである。

このように、『万葉集』はヤマトの風光、ヤマトの歴史に深く根ざしている。だからこそ、『万葉集』は、現代に至っても、忘れ去られずに愛されているのである。

関裕二(歴史作家)

2/2ページ

最終更新:9/18(水) 12:11
PHP Online 衆知(歴史街道)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事